学習マインド

大学生ぼっちの特徴や割合は?女子にはキツイ?【友達ゼロでも楽しい過ごし方】

理系大学生のぼっち事情

どうも、理系大学生のえーごです。

 

突然ですが、カミングアウトさせてください。

 

僕は、今までの大学4年間を

友達ゼロで過ごしてきました。

 

いわゆる「ぼっち大学生」です。

 

 

僕と同じように、

この記事に辿り着いたあなたも

友達ゼロの大学生活を過ごして

色々と悩んでいるのでしょう。

 

・一人で受ける授業やぼっち飯が寂しい

・友達と楽しく遊ぶ同級生が羨ましい

・大学に行く意味が分からなくなった

 

その気持ち、分かります。

ぼっちって、辛いですよね。。

 

 

そこで、この記事では

ぼっち歴4年の僕自身の経験を元に、

ぼっちの原因やメリット・デメリット、

ぼっち生活を乗り切る方法など解説します。

 

・友達を作ってぼっち脱却する

・ぼっちでも大学生活を充実させる

 

このような理想を叶えるための

お手伝いをさせていただきますね!

大学生ぼっちになってしまう人の特徴

ぼっちの特徴

酷なことを言いますが、

ぼっちになる原因のほとんどは

自分自身にあるんですよね。

 

だから、まず最初に

なぜボッチになってしまったのか?

について知る必要があります。

 

ここでは、

大学でボッチになる人の典型例

いくつか挙げてみました。

入学後に積極的に友達作りをしない

大学で友達を作れるかどうかは、

入学直後でほぼ決まります。

 

ほとんどの大学生は、

入学してすぐに

友達作りを始めます。

 

一緒に授業受ける人に話しかけたり、

サークルの新歓に参加したり、

人によっては入学する前から

SNSで友達作りをすることも。

 

用意周到ですよね。笑

 

 

そのくらい、大学生はみんな

友達作りに必死なんです。

 

そんな中、積極的に

友達を作ろうとしない人が

どうなるかは明白ですよね?

 

どんどん周りに取り残されていきます。

 

実際、僕がそうでしたから。笑

 

僕が大学に入学した当初は、

「友達なんて勝手にできるでしょ~」

というスタンスでした。

 

でも、1週間ほど経った頃には

クラス内に仲良しグループが

いくつか出来上がってました。

 

もはや手遅れ。

 

「えっ?!早すぎない??」

 

大学生の俊敏さには恐れ入ります。。

サークルに興味がないor苦手

大学生と言えばサークルですね。

 

授業やクラスで友達ができなくても、

サークルに入れば友達を作ることは可能です。

 

でも、人によっては

サークルに興味がなかったり、

あるいは苦手って人もいると思います。

 

まさに僕なんですけど(笑)、

サークルのあの軽いノリがどうも、、ね。。

 

 

実は、クラスで友達を作り損ねて

一時期サークルに所属してたんですよ。

 

僕が選んだのは、テニスサークルです。

 

なんでテニサーを選んだかというと、

単純にテニスが好きだったから。

 

でも、テニサーって

数あるサークルの中でも

チャラいイメージがありますよね?

 

僕は陽キャとはかけ離れてる人種なので、

テニサーの人たちと仲良くすることはできませんでした。。

 

テニス自体は楽しかったんですけど、

いかんせんサークルのノリが合わず、

結局たった1か月で辞めちゃいました。

 

 

もしかしたらテニサー以外の

例えば漫画研究会みたいな

サークルに所属していれば

気の合う友達ができたかもしれません。

 

サークル選びも大切ですね。

 

 

まあ、少なくともサークルは

友達を作りやすいコミュニティなので、

僕みたいにサークルが合わない人は

大きな機会損失をしてるのかなと。

元々1人が好き

グループで群がるより

1人でいる方が好きな人は、

そもそも友達がほしいとは

思わないかもしれませんね。

 

でも、最初はぼっちで平気でも

あとから「やっぱり友達欲しい」

と寂しくなることはあります。

 

だからこそ自分を知ることが大切で、

1人は好きだけど友達も欲しい

というのが本心ならば、

積極的に行動していきましょう。

人見知り

初対面の人と話すのが苦手、、

という人にとっては、

友達作りは難しいかもしれません。

 

僕も極度の人見知りなので、

「今すぐ1人友達作れ!」

と言われても、

できる自信がありません。笑

 

たとえ友達作りが大切と分かっていても、

人見知りにとっては

隣の席の人に話しかけるだけでも

バンジージャンプと同じくらい勇気がいることですよね。

 

 

「話しかけたいけど、勇気が出ない...」

 

そう思ってるうちに、

時間はどんどん流れていき

いつの間にか独りぼっちに。。

 

そんなことはよくあります。

コミュ障

コミュ障というと聞こえが悪いですが、

要は人と話すのが苦手って人は

友達作りも苦戦しがちです。

 

当たり前ですが、

知らない人と友達になるためには

まず仲良くなる必要があります。

 

仲良くもないのに

いきなり友達にはなれません。

 

 

そして、人と仲良くなるためには

ある程度のコミュ力が必要なので、

コミュ障の人は友達が少ない傾向があります。

愛想が無くて顔が怖い→僕です

ちょっと想像してみて下さい。

 

あなたは以下の2人のうち、

どっちと友達になりたいですか?

 

・いつも笑顔のAさん

・無表情で無愛想なBさん

 

 

多分、ほとんど人は

Aさんを選ぶんじゃないかなと。

 

僕もそうです。^^

 

いつもニコニコしてる人の方が

何となく親しみが湧きますよね?

 

一方、いつも無表情の人って

ちょっと怖いイメージがあるし、

何となく近寄りがたいと思います。

 

まさに、僕なんですけどね。笑

 

僕は無表情なことが多いので、

「怒ってるの??」

と聞かれることがよくあります。

(別に怒ってないのに。。)

 

 

でも、これが人間の本質なんですよね。

 

行動経済学でも

「人の行動は第一印象でほぼ決まる」

と分かってるんですよ。

 

だから、愛想の良い人と

無愛想な人を比べた場合、

前者の方が好印象です。

 

無愛想だと友達を作りにくいだけじゃなく、

恋愛面でも不利になっちゃいます。

 

自分が無愛想だと自覚のある人は、

普段から笑顔を心掛けてみましょう。

友達より恋人の方が大事

恋人がいる人限定ですが、

友達より恋人を大事にする人は

友達が少なくなりがちです。

 

「友達と恋人、どっちが大事?」

なんていう意地悪な質問を

投げかけるつもりはありませんが、

 

恋人の方に比重を置きすぎると

友人関係が疎かになってしまいます。

 

 

恋人を大事にするのは素晴らしいことですが、

友人との距離が離れてないか

今一度確かめてみて下さい。

大学生ぼっちの割合は1割くらい

自分がぼっちでいると、

「ぼっちって自分だけなのかな?」

「他の大学生はどうなんだろう?」

って気になりますよね。

 

以下のグラフは、大学生協が

全国の大学生に対して行った

Webアンケート結果です。

 

大学生の友人関係に関する調査で、

友人関係が充実していない

と答えた学生は2割以上です。

 

「友人関係が充実していない」

がどういう状況を指すのか?

というのは人それぞれですが、

 

・友達がおらず独りぼっち

・友達はいるが上手くいってない

 

この2パターンのうちどちらかでしょう。

 

 

友人関係に満足していない2割のうち

・友人と上手くいってない学生

・そもそも友人がいない学生

それぞれ半分ずつの割合と考えると、

 

大まかに見積もってぼっち大学生は

全体の1割程度だと考えられます。

 

 

結構少ないですね。

 

でも、僕の体感としても

ぼっち大学生の割合は

このくらいだと思います。

 

授業を一人で受けてる生徒も

大体1割くらいですしね。(僕含めて..)

大学生ぼっちのメリット

ぼっちのメリット

ぼっちにはデメリットしか無いと思ってませんか?

 

実は、皆さんが思ってるより

ぼっちのメリットも多いんですよ。

 

ぼっち大学生のメリット

・自由な大学生活を満喫できる

・何事も1人で楽しめるようになる

・他人依存にならない

・金銭的に余裕が出る

・人間関係で悩むことがない

 

1つずつ解説していきますね。

大学生活のすべてが自由!

ほとんどの大学生は、

友達と同じ授業を受講して

いっしょに授業を聴きます。

 

お昼ご飯も友達と一緒に食べて、

授業が終わると居酒屋に行って

変わらぬメンツと飲みまくる。

 

こんな生活の毎日だ、、

と高校の友達から聞いてます。

 

 

確かにこれはこれで楽しいと思いますが、

ずっと友達に縛られてる感じがして

ちょっと息苦しいですよね。

 

せっかく大学に入ったんだから

自分の好きな授業を受けたいし、

昼飯だって混雑時を避けて

好きな時に食べたい。

 

ぼっちなら、それが叶います。

 

シラバスをじっくり見て

面白そうな授業を選んで、

昼食も混雑時を避けられる。

 

授業が終わったら

すぐ家に帰って趣味を楽しむ。

 

休日も誰にも縛られることなく

好きなことを思いっきり楽しめる。

 

インドアも良し、アウトドアも良し。

 

資格勉強がしたいなら、

持てる時間を全て注ぎ込んで

勉強に集中することができる。

 

これら「自由」こそが、

ぼっち大学生の最大の強みです。

「独りエンジョイ術」が身に付く

「独りエンジョイ術」は

僕が勝手に付けたネーミングですが、

要は何でも一人で楽しむ力のことです。

 

一般的な大学生をイメージすると、

友達とワイワイ遊んではしゃぐ画が

頭の中に浮かんでくると思います。

 

でも、僕のようなぼっち大学生は

残念ながら友達とバカ騒ぎすることはできません。。

 

だからこそ、ぼっち大学生は何とか

自分ひとりでも大学生活を謳歌する方法を

見つけなければならないんです!

 

 

例えば、僕は割と旅行が好きなんですが、

暇さえあれば自転車を走らせて

近くの景色が綺麗な場所を探検してました。

 

1つお気に入りスポットがあって、その場所は

夜になると松の木がライトアップされて

それはもう幻想的な画になるんです!

 

気に入りすぎちゃって、

僕は何度も何度も足を運びました。笑

 

 

あと、僕は映画が好きなので

1週間映画だけを見まくる

「映画ウィーク」を過ごした時もありました。

 

最高の1週間でしたよ。笑

 

 

何を楽しむか?どう楽しむか?は

人それぞれだと思うので、

自分が熱中できる趣味をぜひ見つけてみてください。

 

 

独りエンジョイ術さえ身に着ければ、

この先の人生無双できますよ。

 

社会人になったら一人でいることが

格段に多くなるので、学生時代に

ぼっちを楽しんだ人は強いです。

「自分で考える力」が身に付く

ぼっちということは、一人でいる時間が多いということ。

つまり、自分一人で考える時間が増えるんですね。

 

普段友達とつるんでばかりだと、

就活など大事な場面で周りに流されてしまいがちです。

 

「みんなが就活してるから俺も」

「みんなあの会社良いって言ってるから、そこ受けとこうかな」

 

こういう人は、他人任せの人生へのレールに乗ってしまいます。

 

 

一方で、ぼっち大学生は何を決めるにしても

強制的に自分ひとりの力で決断しないといけません。

 

だから、自然と「一人で考える力」が身に付くんですね。

 

この能力も、社会に出てからはめっちゃ強い。

自分一人で考える力を持ってると、

仕事もプライベートもすべて上手くいくようになりますよ。

 

 

僕は、自分で考える力を身に着けたおかげで

起業という道を歩むことができました。

 

もし僕がボッチじゃなかったら、

起業という選択肢なんて

頭の中にこれっぽっちも無かったんじゃないかなと。

 

こういった決断の瞬間は、

これからの人生で何度も訪れます。

 

自分の人生は、自分で決断する必要がある。

 

だからこそ、今のうちに

自分で考える力を鍛えましょう。

 

むしろ、ぼっちになったことを

ラッキーだと思うくらいでOKです。

無駄な出費を防ぐことができる

友達がたくさんいる大学生は、

飲み代や遊び代など出費がかさみます。

 

カラオケやボーリングなどの娯楽費の

小さな小さな積み重ねが積もりに積もって、

結果的に大きな出費になるのです。

 

大学生はただでさえお金がないのに、

これだけ遊んでたらそりゃ

たくさんバイト詰め込んで働かないと

やり繰りできないですよね。

 

 

でも、ぼっち大学生はどうでしょうか?

 

友達との交際費をまるまる浮かせることができるのです。

 

つまり、その分だけ

バイト時間を減らせるので、

自由な時間が増えるんです。

 

特に、金欠の貧乏学生にとっては

大きなメリットですよね。

人間関係で悩まなくなる

友達がいることって、

良いことばかりじゃないですよ。

 

当然トラブルは起こるでしょうし、

友達との関係が煩わしくなることもあるでしょう。

 

特に、大学生は

浅く広い人間関係が一般的です。

 

・ちょっと喋ったことがある

・顔は知ってる程度

・あんまり親しくはない

 

そんな関係の人がたくさんいると、

最初のうちは「友達がたくさんいる」と

満足感に浸れるかもしれませんが、

段々としんどくなってくるでしょう。

 

ラインのやり取りもしんどいし、

大学内ですれ違うと気まずいし。。

 

 

でも、ぼっち大学生は

一切の人間関係から解放されます。

 

友達付き合いを気にする必要もないし、

広く浅い関係が面倒くさければ

スパッと切ることもできるんです。

大学生ぼっちのデメリット

ぼっちのデメリット

当然、ぼっち大学生は

少なからずデメリットもあります。

 

ぼっち大学生のデメリット

・虚しい

・課題や試験が大変

 

それぞれ見ていきましょう。

何とも言えない空虚感

独りぼっちが、寂しい。

 

一番のデメリットはこれでしょう。

 

記事を読んでいるあなたも納得だと思います。

 

 

どれだけボッチに慣れてきても、

たまに虚無感が襲ってくるんですね。

 

どうしようもない虚しさ、寂しさ。

 

この虚無感から抜け出そうとしても

一向に抜け出すことはできません。

 

こればかりは、ぼっちの宿命だと思って受け入れるしかありません。

 

 

周りの大学生を比べると、

この虚無感がさらに増大します。

・ほかの大学生、楽しそう。。

・いいな~、みんなでランチ食べて。。

・遊びたいけど、相手がいない。。

 

記事を書いている僕も

段々と虚しくなってきました。笑

 

 

周りと比べても良いことなんて無いので、

自分のことだけに集中しましょう。

 

友達大勢のリア充は

みんなジャガイモだと思えばいいです。

 

ぼっち飯してるときに

リア充集団を見かけたら、

「今日はジャガイモがたくさん採れたんだな~」

くらいに思っておきましょう。笑

授業の課題を自力で解かなければならない

高校の友達の話を聞いてる限り、

世の大学生はみんな授業の課題を

友達同士で協力し合って

乗り切っているらしいのです。

 

これは友達がいるからこそできる所業で、

ぼっち大学生はどんなにハードな課題も

自力で乗り切るしかありません。

 

僕も、課題はすべて自力でやってました。

 

まあ、大変といえば大変かもしれませんが、

そもそも課題って自分でやるから意味があるんですよね。

 

でも、ほとんどの大学生は

友達と答えを見せ合って

楽に課題を乗り切ろうとする。

 

それじゃ、何の知識も能力も身に付きません。

 

つくづく日本の大学ってヤバいな、、と思います。

 

 

僕は4年間、課題を自力で攻略してきて

「情報収集能力」や「考察力」が手に入りました。

 

こういったスキルはぼっちの特権だと思うので、

ポジティブに捉えていきましょう!

試験対策も自力で乗り切る必要がある

課題と同様、ぼっちは試験も

自力で乗り切る必要があります。

 

世の大学生は過去問を友達同士で

共有し合って「楽単」してるみたいです。

 

楽単って?

楽単というのは、楽に単位を取るという大学生共通の造語です。過去問を完コピして楽に試験突破するなんて、まさに楽単ですね。

 

願わくば僕だって楽単したいけど、

ぼっちは過去問など入手できないので

自力で勉強して自力で点を取って

単位を取るしかありません。

 

まあ、僕は単位を落としたことなど

ただの一度も無いのですが、中には

「過去問ないから試験ムリ~」

と不安になってる人もいると思います。

 

そこでちょっとアドバイス。

 

試験で最低限の点を取るには、とにかく

授業中に先生の話を聞くことが大切です。

 

普段の授業の中で、先生が

「ここ試験に出ますよー」

とポロッと言うんですよね。

 

そこで素早くノートにメモる。

 

あとは、試験前にひたすら

試験範囲を網羅するだけ。

 

僕はこれで4年間乗り切ってました。

 

過去問なんて無くても、ちゃんと

授業受けてれば単位くらいは

楽勝で取れるんですよ~。

ぼっちで悩みがちな大学生の特徴

ぼっちで悩む人

同じぼっち大学生でも、

全然ヘッチャラな人もいれば

この世の終わりかのように

落胆してしまう人もいます。

 

元々の性格にもよると思いますが、

ここではボッチで悩みがちな人の特徴を2つ解説します。

忙しい理系大学生

僕自身が理系なので分かるんですが、

理系大学生って何かとすごく忙しいです。

 

・カリキュラム詰めまくりの授業

・死ぬほど多い課題やレポート

・精神的負担がデカい実験

・徹夜で乗り切る卒業研究

 

ワンチャン社会人より忙しいんじゃね?

ってくらいのレベルです。汗

 

 

だから、「理系ぼっちは詰む」って

言われることもあるようです。

 

さすがに「詰む」は極論すぎますが、

確かに忙しい理系でぼっちだと

色々悩むことは多いでしょう。

 

明らかに課題や実験レポートは

友達がいた方が楽ですし、

辛い卒業研究だって

友達がいれば助け合えることもあるでしょう。

 

 

でも、僕の経験からすると

「理系」で「ぼっち」でも

4年間やり過ごすことはできます。

 

僕自身、普通に授業は乗り切れたし、

単位を落としたことは一度もありません。

 

卒業研究も今まさに頑張ってますが、

研究室の頼れる先輩がいるので

友達がいなくても全然平気です。

 

 

それに、割と充実した大学生活を過ごせたなぁと感じています。

・趣味のイラストや映画鑑賞を思う存分楽しめた

・普通じゃ泊まれないような超高級ホテルでバイトをした

・短期留学で最高の思い出を作ることができた

・人生初の一人旅を経験できた

・英語の勉強をして英語力を底上げした

 

今思い浮かべだだけでも、

これだけの充実した思い出があります。

 

「理系ぼっちは詰む」なんて考えてるなら、

そんな極論はすぐ捨てた方が良いですよ。^^

寂しがりな女子

女子は、男子に比べて

共感能力が高いこともあって

寂しがりな人が多い傾向があります。

 

だから、友達ゼロの女子は

ぼっちの辛さを男性よりも

感じやすいのかもしれません。

 

実際、僕の主観ではありますが

女性ぼっちより男性ぼっちの方が

多いような印象があります。

 

だから、ぼっち女子大生は

大学内で悪い意味で目立って

浮いてしまうんじゃないか?

と不安になってる人も多いと思います。

 

「あの子、いつも一人だよね~」

「友達いないのかな?ww」

 

こんな風に、クラスの女の子に

陰口を叩かれてるのでは?

と悪い妄想ばかりしてしまいますよね。

 

 

でも、そんなの全然気にする必要ないと思いますよ。

 

むしろ、僕はぼっち女子を見かけると

「なんかクールでカッコいいな~」

と思っちゃいます!

 

大学生に限らずですけど、

女子ってすごく群れたがるので

1人でいることって珍しいですよね。

 

だから、逆に「ぼっち女子」というのは

一種のブランディングになるような気もしますよね。^^

 

 

でも、どうしても

「ぼっちでいるのは辛い~」

と思っている女子大生は、

 

下記で紹介しているぼっち脱却法や

ぼっちのままで楽しく過ごす方法を参考にしてみて下さい。

友達を作ってぼっちを脱却する方法

友達を作る方法

本記事のメインテーマに入っていきます。

 

まず、ここでは友達を作って

ぼっちを脱却する方法について解説します。

 

ネットなどを参考にして徹底的に調べた結果、

以下の5つの方法が最も再現性が高く

ぼっち脱却の成功率が高いと判断しました。

ぼっち脱却方法

・同じ授業の人に声かけ

・サークルに所属する

・イベントに参加する

・SNSで繋がる

・マッチングアプリを使う

 

授業中ぼっちの人に声をかける

大学の授業を受けていると、

「この人、いつも1人で座ってるな~」

「僕と同じでこの人もぼっちなのかな?」

など感じることってありませんか?

 

ほとんどの学生は友達と固まって

授業を受けているので、

1人でいる学生を見ると

なんだかホッとしますよね。笑

 

ぼっち大学生にしか分からない、不思議な感覚です。

 

ある種の”シンパシー”のようなものですね。

 

 

もし、あなたと同じように

いつも一人で授業を受けている人がいたら、

勇気を出して声をかけてみましょう。

 

もしかすると、その人も

あなたと同じ気持ちかもしれません。

 

入学直後のタイミングを逃したボッチ学生が

今から友達を作るためには、

同じくぼっちの人を狙うしかありません。

 

「今さら声をかけるって...」

と思われるかもしれませんが、

行動せず後悔するよりは良いですよね?

 

 

喋ったことない人に話しかけるのって

結構難しいことかもしれません。

 

「どんな話題を振ればいいの?」

と気になる人はいると思うので、

ここでワンポイントアドバイス。

 

授業中に声をかけるなら、

授業に関する話題がベストです

 

・「この授業難しいよね(笑)」

・「ここの内容分かった?」

・「ノート見せてもらっていい?」

このように、とにかく

授業に関する話題を振って

第一歩を踏み込んでみて下さい。

 

最初の1回で親しくなるのは

難しいかもしれませんが、

地道な声かけを続けていけば

友達になれるチャンスはグッと高まっていくと思いますよ!

サークルに入って友達を見つける

定番ですが、サークルに入れば

友達作りがグンと楽になります。

 

友達を作るためだけに

サークルに所属する人もいるくらいですから。

 

 

でも、ここで1つ注意ポイント。

 

サークルなら何でもいいわけじゃなく、

できれば少人数サークルに入る方が賢明です

 

よほどコミュ力に自信があれば別ですが、

テニサーのような大人数サークルに

友達ゼロのぼっちが入ったところで

誰にも相手にされないのがオチです。。

 

そもそも、新歓の時期を逃して

サークルに入る時点で

友達作りは厳しいでしょう。

 

授業クラスと同じように、

サークル内でもすでに

仲良しグループはできてるはずなので。

 

 

だから、サークルに入るなら

以下の3点を意識しましょう。

・できるだけ少人数

・興味のある活動内容

・サークルのノリ

 

少人数なら、サークルメンバーと

打ち解け合いやすくなります。

 

また、サークルの活動内容が

興味のあることというのは当然として、

サークルの”ノリ”も大切です。

 

例えば、僕のような陰キャが

陽キャサークルに入ったところで

友達を作るどころか、

誰とも打ち解けることはできないでしょう。

 

ムリしてサークルのノリに合わせるのって

めっちゃしんどいですよ。。

 

 

ノリを確認するなら、

実際にサークル活動を

見学してみるといいです。

 

「この雰囲気なら合いそう」

と思ったら、勇気を出して

サークルに入ってみましょう!

イベントに積極的に参加する

イベントに参加するのも1つの手です。

 

例えば、ボランティア活動など。

 

共同作業をすることで、

人と人との心の距離は縮まるものです。

 

文化祭とかまさにそうですよね!

 

 

大学生が参加できるイベントには、

・ボランティア活動

・街コン、学生コン

・社会人サークル

などがあります。

 

街コンは大規模な合コンのようなもので、

学生コンは大学生限定の街コンです。

 

社会人サークルというのは、

共通の趣味を持つ人同士が集まって

サークル活動を行う団体のこと。

 

「社会人」とありますが、

大学生でも参加可能な場合があります。

 

 

他にも大学生向けのイベントは

探せばいっぱい見つかるので、

面白そうなイベントがあれば

積極的に参加してみてはいかがでしょう。^^

SNSを活用する

SNSを活用して、

趣味の合う友達を作るという手段もあります。

 

Twitterやインスタは共通の趣味を持つ人を見つけやすいので、

そういった人と積極的に交流して

まずはネット上で友達になってみましょう。

 

 

ある程度ネット上で親睦を深めたら

リアルで会ってみるのもありですね。

 

そうなれば、本物の友達認定です!

 

SNS上だけで知り合った人と

リアルで会うのは少し怖いですが、

ちゃんと信頼できる人だと確認できたら

勇気を振り絞って会いに行ってみましょう。

マッチングアプリを活用する

最後は、マッチングアプリです。

 

「いやいや、恋人じゃなくて友達が欲しいの!!」

 

と突っ込む声が聞こえてきそうですが、

実はマッチングアプリって

恋人作りだけが目的じゃないんですよ

 

友達が欲しくてアプリを使ってる人もいるし、

ただ食事したり遊んだりするために

利用している人もいます。

 

中には、一緒に事業をするための

ビジネス仲間を見つけるために

マッチングアプリを使ってる猛者も。。

 

 

注意点としては、ちゃんと

「友達作り」が目的だということを

プロフィールなどに明記しておくことと、

 

アプローチする相手も同様に

「友達作り」が目的の人を狙いましょう。

 

間違って恋愛目的の人にアプローチして、

友達が欲しかったのになぜか恋人ができちゃった、、

なんてことになったら笑い話です。

(まあ、それはそれでハッピーかもしれませんが)

ぼっちのまま大学生活を乗り切る方法

ぼっちを楽しむ

中には、むしろ逆転の発想で

ぼっちのまま大学生活を楽しもう!

と考えてる人もいるのではないでしょうか?

 

そのような人のために、

ぼっちでもキャンパスライフを

楽しむためのコツを伝授したいと思います。

 

ぼっち切り抜け戦略

・バイトする

・インターンで働く

・勉強する

 

バイトはやっておいた方が良い

大学生と言えばバイトですね。

 

ぼっち大学生でも、バイトくらいは

やっておいた方が良いと思います。

 

「社会勉強になる」とかそんな

根も葉もない話じゃなくて、

単純に貴重な体験ができたりするものなんですよ。

 

バイトをなめてはいけませんよ。^^

 

 

僕は、”超”が付くほどの高級ホテルで

バイトしてた時期がありました。

 

僕なんかじゃ絶対に泊まれないような

豪華な部屋や高層階の綺麗な夜景を

給料をもらいながら拝むことができたんです。

 

めっちゃ贅沢ですよね。

 

あと、そのホテルで働いてるバイト仲間は

学生も少しいますが、ほとんどが

40代以降の大人の方たちばかり。

 

普通に学生生活送ってるだけじゃ

絶対に聴けないような貴重なお話を

たくさん聞くことができました。

 

刺激的で、面白かったです。

 

ちなみに、その高級ホテルのバイトで

知り合った人とは今でも付き合いがあります。

 

たまに食事に行って、

刺激的なお話を聞けたりして、

ホテルバイトだけは本当に

経験してて良かったな~と思います。

 

ちなみに、高級ホテルで働いた体験談は

下の記事にまとめてあります。

高級ホテルでバイトした体験談

 

 

バイトを選ぶときのコツは、

「給料」より「居心地の良さ」を優先すること。

 

給料が良くても居心地が悪いと

すぐ辞めたくなっちゃいます。

 

僕にとっては高級ホテルのバイトが

とっても居心地良かったので、

ぼっちの寂しさなんて感じなくなりました。

 

バイトがぼっちの寂しさを

埋めてくれたりもするので、

良いバイトがあればぜひ。

インターンで働くのもあり

バイトとは少し違って、インターンとして

実際に会社で働いてみるのもありかなと。

 

というのも、僕自身インターンの経験があり、

結果として良い経験ができたと感じたからです。

 

特に長期インターンがおすすめです。

 

僕は、とあるIT企業で

Webライターとしての仕事を任され、

半年ほどインターン生として働いていました。

 

バイトとは違って責任はそれなりに重いし、

仕事内容も難しいことが多いです。

 

でも、だからこそやりがいがある。

 

インターンを懸命に頑張ってたら

ぼっちの辛さなんて吹き飛びます。

 

僕は、半年間インターンの仕事に

夢中になっていました。

 

朝起きてすぐ仕事をして、

授業を受けてまた仕事して、

もう毎日がこの繰り返し。

 

ぼっちの辛さを感じる暇もない。笑

 

インターン募集してる企業は多いので、

夢中になれそうな仕事を探してみて下さいね。

大学や英語の勉強する

ぼっちの寂しさを紛らわす

最も簡単な方法は、

勉強することです。

 

 

キャンパスライフを夢見て入学するも、

友達が一人もできずぼっちになり

毎日のように虚無感に襲われていた僕は、

 

「勉強を頑張って、周りのリア充共を見返してやれ!」

と躍起になって、学生の本分である

勉強に熱中するようになりました。

 

 

課題も試験も全て全力でこなし、

ほとんどの授業は最高評価。

 

成績評価をモチベーションにして

勉強に精を注いでいるうちに、

ぼっちなんて全く気にならなくなりました。

 

勉強に夢中になることができれば、

ぼっちなんてどこ吹く風です。

 

 

「勉強っていうけど、具体的に何の勉強すればいいの?」

という疑問が出るのは当然ですね。

 

ぼっち大学生におすすめの勉強は、

・大学の勉強

・英語

この2つです。

 

 

まず、大学の勉強については

試験を目標にして進めていきましょう。

 

英語については、ひとまず

TOEIC対策を始めることをおすすめします。

 

TOEICとは

TOEICは、ビジネスマン向けに作成された英語検定試験です。日本では英検よりもメジャーな試験で、就活や昇進でも使われます。一般的なTOEICは、リスニング・リーディングの2つの技能を測ります。

 

TOEICは就活で有利になるので、

ほとんどの大学生は就活前に

急いでTOEIC対策を始めます。

 

もし、あなたが大学1,2年生なら

未来のライバルと差を付けるチャンスです!

 

今のうちにTOEICに取り組んでおけば

数年後、ライバル就活生たちの

一歩先、二歩先を進んでいるでしょう。

 

 

たとえ理系であっても、

英語の勉強はしておいた方が賢明です。

 

TOEICは就活だけじゃなく

院試でも使われることが多いので、

 

大学卒業後に就職するにしろ

大学院に進学するにしろ、

TOEICが有利になることは間違いありません。

 

 

また、理系に英語は必要ないと

勘違いしてる人も多いのですが、

実は理系にこそ英語が必要なんです。

 

論文を読むのも学会発表も

すべて英語を使いますし、

理系職に就職した際にも

英語力は重要になってきます。

 

※理系職・・・メーカーの技術職や研究職など、いわゆる理系人材が必要とされる職業

 

理系の英語事情に関しては、

動画で詳しく解説しています。

 

 

文系・理系限らず、英語の勉強は

できるだけ早めに進めておくと良いです。

 

幸い、ぼっち大学生には

自由時間がたっぷりあるので、

英語学習に取れる時間なんて

いくらでもあるはずです。

 

僕も、空いた時間を使って

英語学習を進めたおかげで、

たった3か月でTOEICスコアを

+400点伸ばすことができました。

 

 

授業の合間や土日、夏休みなどを

有効的に使って英語学習を進めて、

今のうちに他のリア充大学生と

圧倒的な差を付けちゃいましょう!

 

なお、TOEIC対策や英語学習については

当サイトや無料メルマガで詳しく解説してるので、

よければ目を通してみてください。

大学生ぼっちは全然恥ずかしくないって話

ポジティブシンキング

ちょっとマインド的な話もしておきます。

 

ぼっちって、世間一般的には

「恥ずかしい」と思われますよね。

 

学校なんてまさにその典型で、

特に中学や高校でぼっちの人は

悪い意味で目立ってしまいます。

 

 

でも、ここでちょっと疑問。

 

「自分自身がぼっちであることを恥ずかしいと思ってなくても、なぜ周りからは恥ずかしいと思われるのか?」

 

僕自身は、大学でぼっちであることを何とも思ってません。

 

それなのに、周りが勝手に

「ぼっちは恥ずかしくて可哀そう」

と決めつけてきます。

 

そんな勝手に他人の感情を

決めつけないでほしいですね。

 

自分はぼっちでも平気なんだったら、それで良いんです。

 

他人の勝手な哀れみなど無視しましょう。

 

 

でも、どうしても他人の目を気にして

「ぼっちは恥ずかしい」

思う人もいるかもしれません。

 

そういう人は、考え方を変えると良いです。

 

そもそも人間が1人でいることなんて当たり前。

 

独りで歩いてる人は街中に無数にいるし、

独りでご飯食べてる人も普通にいるし、

何なら大学内にもあなた以外に

ぼっちなんていっぱいいませんか?

 

ぼっちでいることを恥じる必要なんて全然ないんですよ。

 

僕自身、大学の食堂でぼっち飯したり

独りで授業受けたりしているときも、

周りの目はまったく気になりません。

 

「俺は一人で全然良いんだぜぃ~」

 

こんな軽い気持ちです。笑

 

 

売れてる芸能人でも、

実は昔ぼっちだったという人

けっこう多いですよね?

 

例えば、お笑いコンビ「くりぃむしちゅー」の上田晋也と有田哲平が

大学時代ぼっちだったというエピソードは有名です。

 

上田晋也なんて、昼休みの時間は

ずっと水飲み場で水飲んでたらしいです。笑

 

そんな”超”が付くほどのぼっちでも

今は芸能界であれだけ活躍されてて、

すごい魅力的な方ですよね。

 

 

他にも、女優の浜辺美波も

高校時代はぼっちだったと言ってます。

 

元々人見知りな性格ということもあり、

誰にも話しかけずにずっと一人で

高校生活を過ごしてたんだとか。

 

そんな彼女も、今では大人気女優に

なってドラマや映画に引っ張りだこ。

 

浜辺美波さんも、素敵な女性ですよね。

 

 

過去にぼっちだった芸能人も含め、

ぼっちは世の中にたくさんいるんです。

 

何にも恥ずかしいことじゃないですよね?

 

 

周りの目なんて気にせず、

自分に自信を持って。

 

良い意味で自己中になりましょう。

ぼっちは意外と楽しいよ!

最後に、先輩ぼっちである僕から一言。

 

ぼっちは意外と楽しいですよ。

 

面白い授業を聴いて、

勉強に熱中して、

やりがいのあるバイトをして、

夢中になれる趣味を見つけて、

たまに中高の旧友と遊んで。。

 

 

たとえ友達が一人もいなくても、

大学生活を十分楽しめます。

 

今は辛いかもしれないけど、

バイトや勉強に熱中すれば

ぼっちの寂しさなんて吹き飛ぶし、

行動次第では今からでも友達を作ることは可能です。

 

僕は4年間ずっとボッチでしたが、

何だかんだ楽しかったです。^^

 

あなたも、卒業するころには

「大学生活楽しかったな~」

と思えるように、

色んなことに挑戦していきましょう!

P.S. ワンピースの名言より

ワンピースの名言

©尾田栄一郎/集英社

 

ワンピースという国民的漫画をご存じですか?

 

ワンピースに出てくる「サウロ」

というキャラクターが、

こんなことを言っていました。

 

「この世に生まれて一人ぼっちなんて事は絶対にないんだで!!!!」

By ハグワール・D・サウロ

 

この言葉は心に沁みます。。

 

この世に生まれた限りは、

今は独りぼっちだとしても

いつか必ず仲間と出会えます。

 

いや、もう既にいるんじゃないですか?

 

僕は大学ではぼっちでしたが、

中学や高校時代の親友が数人います。

 

そういった旧友は大切にするべきです。

 

 

長い目で見れば、大学4年間くらい

ぼっちでも良いじゃないですか。

 

生涯付き合っていくような仲間が

たった一人でもいればいい。

僕はそう思ってます。

 

「友達100人」なんていらない。

たった一人の親友さえいればいい。

 

大学ではぼっちでも、心の底から

信頼できる数少ない仲間がいる。

 

それだけでいい。

 

 

旧友を大切にし、そしてこれから

出会うであろう”かけがえのない仲間”

との巡り会いを楽しみに待ちましょう。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-学習マインド
-,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5