学習マインド

大学の英語の授業についていけない原因やその解決策

大学の英語の授業についていけない

どうも、えーごです。

 

大学の英語の授業って必修の

場合が多いので、単位は何としてでも

取らないといけないですよね。

 

でも、高校までの英語からはるかに

レベルアップして、なかなか大学の

英語の授業についていけない、、

という人は多いかと思います。

 

 

この記事では大学の英語についていけない

原因や、その解決策などを解説します。

 

英語の単位が取れるかどうか不安な方は

ぜひ本記事に目を通して下さいね。

大学の英語の授業についていけない原因は?

まずは、英語の授業についていけない

主な原因から話していきます。

高校までの英語の授業とは学ぶ内容がガラリと変わった

中学、高校までの英語の授業って

文法がメインでしたよね。

 

助動詞やら過去完了やら色んな

英文法を学ばされたと思います。

 

でも、大学の授業では文法など

基礎的な知識をガリガリ勉強する

というよりは、もっと応用的な

学習方法に切り替わるんですね。

 

難しい内容の英文を読んだり、ネイティブの

先生の話す内容を聞いたり、同じクラスの人と

英語でコミュニケーションを取ったりなど。。

 

 

高校までの授業のギャップが大きすぎて

大学の英語の授業に対応できなくなった、

という原因が考えられます。

授業内容が難しすぎる

「授業が難しすぎ!!」

 

多くの学生が感じる、とても

シンプルだけど切実な悩みですよね。

 

 

授業で扱う単語や英文が難解すぎる、

無理難題なワークを課してくるなど、

授業内容が難しすぎるのも、授業に

付いていけない典型的な原因の1つです。

 

 

授業の難易度は、先生によって当たり

ハズレがあるので仕方のないこと。

 

「授業をもっと易しくしてくれ」

なんて頼むわけにもいかないので、

予習や復習で授業内容に

備えるしかないですね。

授業の進むスピードが速い

先生の方針によっては、授業を

速く進めていく場合もあります。

 

最初は何とかついていけてたのに、

どんどん授業が進んでいくから次第に

授業内容に追いつけなくなってしまった。。

 

こういう場合は、授業内容が難しいから

ついていけないんじゃなく、ただ単に

授業スピードが速いだけなんですね。

ネイティブの先生だから授業がすべて英語

授業によっては、先生がネイティブで

テキストから口頭の説明まで

全部が英語というケースもあります。

 

僕の場合、2年生の時の英語の授業は

ネイティブの先生で、すべて英語でした。

 

ただでさえ英語が苦手なのに、日本語が

一切ないテキストの内容や、先生が喋ってる

内容が分からないと困りますよね。汗

 

「今、先生なにか言ったみたいだけど何て言ったの?」

「今はどのページをやってるんだろう」

 

こんな状態じゃ勉強どころじゃありません。

 

 

ではどうすればいいのか?

というと、予習や復習は当然として、

授業内容が分からないなら

先生に聞くのが一番です。

 

「いや英語が分からんから質問できんやん!!」

というツッコミが聞こえてきそうですが、

中学レベルの簡単な英語で良いんですよ。

 

 

どのページをやってるか分からなければ、

"Which page ?"

と質問すればいいし、

 

先生の話すスピードが速すぎて

全く聴き取れないなら、

"Please speak slowly."

とお願いすればいい。

 

これくらいの英語だったら

何とか話せそうですよね?

 

片言でも良いです。

最悪ジェスチャーでも構いません。

 

とにかく伝えることが大切なので。

 

 

ネイティブの先生だって、普通の学生が

英語を理解できないことくらいわかってます。

 

分からないことや困ったことがあれば、

遠慮なく聞けばいいんです。

 

分からずじまいのまま授業が

進んでいってしまうと、さらに

迷宮に迷い込んでしまいますよ。

遊びすぎ

授業内容うんぬんの話ではなく、単純に

遊びすぎで予習や復習、課題などが

滞ってるというパターンです。

 

大学生だから遊びたくなる気持ちは

分かりますが、遊びすぎて勉強を

疎かにして単位を落としてしまっては

後々ゼッタイに後悔します。

 

「遊びよりも勉強優先」

なのは高校も大学も同じ。

 

やるべきことは最低限やる心構え

を持つことが大切ですね。

授業についていけない現状を打破する方法

では、英語の授業についていけてない

今の状況を打破する具体的な方法を

解説していきますね。

予習と復習を徹底する

たぶん、中学生のころから

「予習と復習はしっかりしよう」

と何回も言われてきたかと思います。笑

 

何回も繰り返し言われるということは

それだけ大事なことなんですよね。

 

予習・復習は英語の授業に限らず、

あらゆる学習の要です。

 

予習をしないと授業内容が

頭に入ってこないし、

 

授業内容を理解できたとしても

復習しなければ学んだ内容を

すぐに忘れてしまうんですね。

 

授業についていけないという場合は、

まずは基礎基本である予習・復習

徹底することから始めてみると良いです。

分からないことは先生に聞く

さっきも話したことですが、

分からないことがあれば

とりあえず先生に聞く。

 

この姿勢が大切です。

 

 

日本人はシャイな方が多いので

授業中に質問するのは結構

ハードルが高く感じるかもしれません。

 

みんなの前で質問する勇気がない

という場合は、授業終わりや

メールでこっそり質問するという

やり方でも良いんです。

 

 

ネイティブの先生にも臆せず

何でも伝えることが大事ですね。

 

僕自身、ネイティブの先生の授業で

課題に関して分からないことがあれば、

 

授業終わりやメールでその先生に

えい語で質問するようにしていました。

 

ネイティブの先生に質問する場合、

メールならじっくり質問文を考える

ことができるので、口頭で尋ねるより

ハードルが低いのでおすすめです。

 

 

分からないことを放っておくのは

良くないので、何でも先生に聞く

という姿勢は持っておいた方が良いですね。

大学の英語の授業についていけない【まとめ】

本記事の内容をまとめます。

 

英語の授業についていけない主な原因は、

・高校と大学の授業のギャップ

・授業内容が難しすぎる

・授業の進むスピードについていけない

・外国人教師だから授業がすべて英語

・遊びすぎで予習や復習をサボってる

ということでしたね。

 

そして、その解決策はシンプルに

・予習と復習を徹底して行う

・分からない点は先生に質問する

でした。

 

 

必修の英語の授業は、単位を

落としてしまうと後々とても

面倒なことになるので、

 

本記事で紹介した2つの解決策

しっかり意識することが大切です。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-学習マインド
-

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5