TOEIC

TOEICを受ける意味とは【高得点取って英語力を底上げした僕が解説】

TOEICを受ける意味

どうも、えーごです。

 

TOEICっていう英語の資格試験あるじゃないですか?

 

僕も何度か受けたことあって、今では

TOEIC870点を取得しているんですけど、

「TOEICなんて受ける意味ない」

と思ってる人もいるみたいです。

 

そこで、今回はTOEICを受ける意味について

考えていこうかなと。

小手先だけのテクニックを駆使してTOEIC受けても意味ない

TOEICって言っても試験なので、小手先の

テクニックだけでも点数稼げちゃうんですよね。汗

 

学校の試験なんかもそうですよね?

本当は頭あんまり良くないけど、テクニックを

駆使して何とか点数稼ぐ人とかいたと思うんですよ。

 

 

でも、小手先だけのテクニックでTOEIC

高得点を取ったって何の意味もありません。

 

だって、本質的な英語力が身に付かないんですから。

 

 

よく、手段と目的が入れ替わってる人がいるんですよね。

 

英語力を上げるのが目的でTOEICの勉強をしているはずなのに、

いつの間にかTOEICを受けるために英語の勉強をしている

なんて人が後を絶ちません。

 

あくまでTOEICは英語力を測る指標の1つですから、

それ自体を目的にしちゃうと英語学習の

方向性を見失ってしまいます。

 

「TOEIC800点取ったから、これで英語の勉強は終わり!」

ってなっちゃうんですよね。

 

それじゃ意味ありません。

 

TOEICの点数はあくまでプラスアルファで、

本質的な英語力を身に着けることを意識しましょう。

『本質を意識した学習法』ならTOEICを受ける意味は大いにある

僕はTOEICの学習をする際、

「英語の本質を意識した学習法」

を実践してきました。

 

その結果、TOEIC400点から870点にスコアアップしただけじゃなく

総合的な英語力も格段に上がったんですね。

 

海外のサイトや記事を読めるようになったし、

外国人YouTuberの話してることもある程度

聞き取れるようにもなりました。

 

発音などの本質を意識して勉強したので、日常会話レベルの

英語ならスムーズに話せるようになったんです。

 

テクニック重視の学習法では

ここまで英語力は鍛えられなかったでしょう。

 

 

テクニックなんて二の次です。

 

リスニングやリーディング、英会話力にも繋がる

本質を意識した学習法でTOEICを受けることには

大きな意味があると僕は実感してます。

TOEICを受ける意味を真剣に考えてみた

実際にTOEICを受けて英語力を底上げした僕が、

TOEICを受ける意味について考えてみました。

英語学習のモチベーションになる

TOEICって今の自分の英語力を可視化できるんですよね。

 

TOEICはリスニングとリーディングのテストしか

ありませんが、それだけでも十分参考になります。

 

英検みたいに「1級」「準1級」とか

そんな分かりにくい指標じゃなくて、

TOEICはちゃんと990点満点で数値化してくれます。

 

やはり具体的な数字の方が分かりやすいですよね。

 

 

しかも、TOEICの点数が良くても悪くても

モチベーションを維持できるのも優れたポイントです。

 

目標とするスコアに遠く及ばなかったら、

「ちっくしょ~!! まだまだ勉強頑張らないと」

と悔しさをばねにできるし、良い点数を取れれば

 

「よし! この調子で勉強頑張ろう」

とさらにモチベーションは上がっていきます。

 

TOEICは自身のモチベーションを支えてくれる

「モチベーター」としての役割もあるんですね。

英語力を底上げできる

本質を意識して勉強を続けていれば、

総合的な英語力を底上げすることができます。

 

※何度も言うようですが、小手先のテクニックを使っても本質的な英語力は身に付きません。

 

 

僕が最初にTOEICのリスニング音声を聞いた時、

ほとんど聞き取れなかったんですよね。

 

元々リスニングが苦手ってのもありましたが、

絶望的なくらい聞き取れませんでした。

 

そんな僕でも、正しい学習法を実践行くと

次第に英語の音に耳が慣れてきたんですよ。

 

TOEIC初受験のときはリスニングの点数の方が低かったけど、

TOEIC870点取った時はリスニングの点数が

リーディングの点数を大幅に上回っていました。

 

自分でもびっくりしたくらいです。

あんなにリスニング苦手だったのに、、って。

 

 

英文を大量に読み込んでいくので当然

英語の文章にも慣れますし、次第に

英語脳が構築されていきます。

 

今まで「英語→日本語に変換→理解」

だったのが、

「英語→英語で理解」

になるんですよね。(これがとても重要)

 

 

大事なことは、TOEICを受けるために勉強するのではなく、

英語力を向上させるためにTOEICの勉強をするんです。

 

このマインドさえ持っていれば、僕のように

正しい学習法を実践すれば英語力が底上げされますよ。

目に見える実績になる

TOEICの数値化された英語力は、目に見える実績になります。

 

人に「俺TOEIC800点だよ」って言うだけで

「すごいね!」ってなるし、TOEIC高得点は

就活や昇進の場面でも活きてきます。

 

 

TOEICで高得点を持っていれば採用されやすくなるし、

企業によっては足切りを設けてるところもありますよね。

 

例えば、楽天は入社までにTOEIC800点を

取得することが義務付けられています。

 

 

昇進の際にもTOEIC高得点なら有利になるし、

海外勤務などキャリアの幅も広がります。

 

この「目に見える分かりやすい実績」は

持っておいて損はないと思いますよ。

TOEICを受けるとこんなメリットも!

上記以外にも、TOEICを受けると色んなメリットがあります。

自分に自信が付く

TOEICで高得点を取ると、あるいは

目標のスコアを取得すると自分に自信を持つことができます。

 

正しい学習法で努力を続けていって初めて

TOEICの目標を達成することができるので、

その時の達成感は凄まじいです。

 

「こんな俺でも、やればできる!」

 

今までの努力が報われた実感によって自身が付き、

英語学習はもちろんのこと他のことにも良い影響は広がっていきます。

 

TOEICの成功体験を糧に、仕事に精を入れたり

大学の勉強をもっと頑張ったり、あるいは

恋愛のモチベーションにもなったりします。

モテる

「TOEIC受けたらモテる?(笑)バカバカしい」

と思われてる人もいるかもしれませんが、

これが意外と的を得てるんです。

 

不思議と「英語ができる」ってだけで

モテたりすることもあるんですよね。

 

これは「ハロー効果」という心理学効果です。

 

ハロー効果というのは、簡単に言うと

”全く関連性のない事柄が影響を与える”

ことです。(分かりにくくてすみません汗)

 

たとえば、「東大生だから仕事ができる」

とか典型的なハロー効果です。

 

東大生であることと仕事面の優秀さって関係ないじゃないですか?

でも、「東大生」というブランドが

「仕事でも優秀に違いない」という錯覚を与えてるんですね。

 

 

これと同じように、「英語ができる」ってだけで

「あの人はきっと賢いに違いない」

「英語ができるんだから、仕事もできるだろうな」

と無意識のうちに思っちゃうんですよね。

 

要は、英語ができる人は「デキる人」に見える。

だから、恋愛面でも上手くいきやすいです。

会社や大学によってはご褒美がもらえる

これは大学や会社によりけりですが、

TOEICで高得点を取ったら思わぬご褒美を

もらえる可能性もあります。

 

僕の大学では、

TOEICで800点以上を取ると1万円分の図書カード

がもらえたんですね。

 

僕はTOEIC870点を取得したので、ちゃっかり

図書カードもらって読みたかった漫画まとめ買いしました。笑

 

1万円分ってけっこうデカいですよね?

少なくとも、受験代は余裕で回収できます。

 

 

あと、会社でもTOEIC高得点を取ったら

お小遣い程度のお金がもらえるところもあるみたいです。

 

ご褒美があると分かると、TOEICの勉強もはかどりますね。^^

TOEICで何点取れたら良い方?

TOEICで何点取れたら、ここまで解説してきた

メリットを享受できるのでしょうか?

 

一概には言えませんが、TOEIC700点以上だと

「高得点」「英語ができる」

と言われる傾向があります。

 

TOEIC800点以上なら十分高得点と言えますし、

ほとんどの企業で採用時の足切りに引っかかることはありません。

 

だから、とりあえずはTOEIC800点を目指してみると良いでしょう。

 

まだTOEIC800を受けたことない人にとっては

ハードルの高い壁に感じますが、初受験で400点

だった僕でも3か月で800点台後半まで伸ばせたんです。

 

正しい学習法を実践すれば短期間で

達成できる目標なので、TOEIC800点を

目標に頑張ってみてはどうでしょうか。^^

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-TOEIC
-, ,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5