TOEIC

TOEICを高校生が初めて受験するなら必ず読んでほしい記事

TOEICを初めて受験する高校生

どうも、TOEICペンさんです。

 

TOEICというと大学生や

社会人が受験するイメージですが、

高校生でもTOEICは受験できます。

 

ここでは、TOEICを初めて

受験する高校生に向けて、

受験英語とTOEICの違いや

勉強法などを解説していきます。

【初めに】TOEICと受験英語はまったく違う

TOEICに初めて挑戦する高校生に

まず最初に伝えておきたいのが、

TOEICと受験英語は全く違う、

ということ。

 

高校生なら、英語の試験といえば

センター試験や大学の2次試験など

思い浮かべるかもしれませんが、

正直言って全然違う。

 

 

主に、

・難易度の違い

・英語の違い

があります。

 

 

まず難易度の違いについてですが、

これは僕の実体験から分かることです。

 

僕はセンター試験の英語科目の

点数が8割くらいだったんですね。

 

そこそこ良い方じゃないですか?

(自分で言うのもなんですが笑)

 

 

でも、僕が大学入学直後に

初めて受験したTOEICの

スコアは、なんと400点。。

 

TOEICを受けたことない高校生には

分かりづらいかもしれませんが、

TOEIC400点って相当低い点数なんです。

 

 

センター8割取って、ちょっと

調子に乗ってた自分がいました。笑

 

「俺ってけっこう英語得意じゃね??」

と高を括ってましたが、

いざTOEICを受けてみるとまあ酷い。。

 

 

TOEICとセンター試験には

こんなにも差があるんです。

 

受験英語と比べると、

TOEICはレベルが格段に上がります。

 

そこのところは、

覚悟しておいたほうが良いですね。

 

 

 

もう1つの、英語の違いについて。

 

英語の違いってなんだ?

って思われる方もいるかもしれません。

 

簡単に説明すると、受験英語と

TOEICではそもそも扱われる

英語の種類が違うんですね。

 

受験英語は、割と日常的に

使われるような英語が多いですが、

 

TOEICでは聞いたことも無いような

ビジネス英語が頻出します。

 

 

、、というのも、TOEICは

そもそもビジネスマンを対象にした

英語資格試験なんですね。

 

だから、もちろん日常的な英語も

使われるのですが、ビジネス英語も

バンバン登場するので

単語など新たに学ぶ必要があるんです。

 

少なくとも、受験英語の勉強で

使うような単語帳や教材で勉強しても

TOEICには何の役にも立ちません。

高校生がTOEICを受験するメリット

受験英語とTOEICの違いを知って

ハードルがちょっとだけ

上がっちゃったかもしれませんが、

 

高校生がTOEICを受験するメリットは

結構多いので、受けておいて損はありません。

 

 

メリットをざっと列挙すると、

・大学受験に利用できる

・大学の英語の単位免除

・特別なインセンティブ

・就活で有利

 

こんな感じです。

大学受験に利用できる

高校生が一番気にしてる部分かなと。

 

大学の英語試験と言えば、

基本的には

 

・センター試験

・各大学の2次試験

の2つだけですよね。

 

 

でも、大学によっては

TOEICスコアを英語の試験として

利用しているところもあるようで、

 

そういう大学を受験する予定なら

早めにTOEIC対策をする必要があります。

大学の英語の単位免除

ほとんどの大学では

英語の授業は必修科目に

なってると思います。

(英語はそれほど重要なので)

 

でも、TOEICで一定以上のスコアを

保有している学生に限り、

英語の単位が免除になる場合も。

 

 

この”一定以上のスコア”の基準は

もちろん大学によって異なりますし、

 

そもそもこの免除制度があるかどうかも

各大学によりけりです。

 

もしあったらラッキーですね!

 

 

一応、僕の大学にも

この制度はあったみたいですが、

僕はなんにも知りませんでした。

 

TOEIC対策を始めたのは

大学3年になってからで、

 

その頃にはすでに英語の授業は

終わってたので免除制度は使えず。。

 

 

もし知ってたら、入学までに

全力でTOEICの勉強をして

1,2年時の英語の授業を

免除してたんですけどね。。

 

(やっぱ情報って大事ですね^^)

特別なインセンティブ

こちらも大学入学後の話ですが、

TOEIC高得点の学生には

特別なインセンティブ(褒美)が

もらえる可能性もあるんです。

 

たとえば、「奨学金」がもらえたり、

”グローバル人材”として認められ

特別な認定証がもらえたりなど。。

 

 

どんなインセンティブがあるかは

大学によって全く違うと思います。

 

 

僕の場合は、ささいなインセンティブですが

1万円分の図書カードを頂きました。笑

 

欲しかった漫画をタダで全巻

揃えることができたので大満足です。

就活で有利になる

TOEIC最大の利点といって良いです。

 

TOEICスコアは学歴と同じくらい

企業から重視されることもあるので、

高校生のうちから対策しておけば

きっと将来にプラスになるでしょう。

 

楽天のように、採用条件に

TOEIC一定以上のスコアを

課している企業もあります。

 

 

大学3年になって慌てて

TOEIC対策を始める人が多いですが、

 

高校生の時点でTOEIC高得点を

持ってる人は少ないので

ライバルと差別化もできますよ。

TOEICを初めて受験する高校生がまずやること

TOEICを受けるのが初めてなら、

何から手を付ければいいのか

分からないと思います。

 

そこで、TOEIC初挑戦の高校生が

まず最初にやるべきことを

順を追って解説します。

TOEIC目標スコアを決める

いきなり参考書を買うとか、

そういったことはやめましょう。

 

というのも、どのレベルを目指すのか?

しっかり決めておかないと、

選ぶ教材や勉強法も違ってくるんです。

 

 

まずは目標スコアを決める。

 

これが最初にやることです。

 

 

どの程度のスコアを狙えばいいのか

分からないという人は、

高校生のTOEIC平均スコアなど

参考にしてみると良いでしょう。

高校生のTOEIC平均点
高校生のTOEIC平均点を高専や大学生の平均スコアと比較

どうも、TOEICペンさんです。   僕が初めてTOEICを受けたのは 大学1年生のときでしたが、高校生で 受験する人もいるみたいですね。   「高校生のTOEIC平均点はどのくら ...

続きを見る

受験日を決める

目標が定まったら、

次は受験日を決めましょう。

 

TOEICは年に10回も

受験するチャンスがあるので、

割と自由度は高いです。

 

受験実施日は公式サイトに

記載されています。

学習戦略を立てる

受験日を決めたら、そこから逆算して

TOEIC学習戦略を立てていきます。

 

戦略を立てる工程が実は

一番大事なんですね。

 

なぜかというと、

戦略が間違っていたら

どれだけ努力しても、

 

真剣に勉強しても

結果には結びつかないからです。

 

 

受験と一緒ですよね。

 

間違った勉強法を実践しても

時間だけを浪費して、

結果は報われません。

 

 

本気でTOEICに挑戦するなら、

学習戦略はしっかり練りましょう。

 

 

具体的なTOEIC学習戦略は

このブログやYouTubeで

詳しく話しるので、

参考にしてみて下さい。

学習教材をそろえる

学習戦略を立てたら、

必要な教材をそろえます。

 

教材は、自分のレベルに合った

タイプを選ぶのがコツです。

 

 

ここでハッキリ言っておきますが、

誰もがスコアアップを狙える

夢のような教材はこの世にありません。

 

 

スコアが伸びない人に限って、

次から次へといろんな教材を

試そうとするのですが、

ハッキリ言ってお金の無駄。

 

そういう人は、

「教材のせいでスコアが伸びない」

と思い込んでるんですね。

 

でも実際は、スコアが伸びないのは

教材のせいじゃなくて

単に学習戦略が間違ってるだけ。

 

 

教材は、あくまで勉強の

補助的な役割で会って、

ぶっちゃけて言ってしまうと

教材なんてどれもほとんど変わりません。

 

 

「教材第一主義」

のマインドは今すぐ捨てましょう。

 

 

僕自身も、TOEIC対策に使ってた

教材は限られていました。

(→僕が使ってた教材はこちらのページにまとめています)

 

僕が使ってた教材はどれも

使いやすくて、分かりやすい

優良教材ばかりでしたけど、

 

別にそのおかげで目標スコアを

達成できたとは思っていません。

 

あくまで戦略が正しかっただけ。

 

 

どの教材を使えば正解とかはありません。

 

良さそうと思った教材を選んで、

あとはその教材を”利用”して

戦略を実行していくだけです。

TOEICスコアアップに必須の勉強法

最後に、TOEICスコアアップに

必須の勉強法を紹介します。

 

ここで紹介する学習のほかにも

発音トレーニングやリスニング、

リーディング学習など

重要な課題は色々あるのですが、

 

TOEIC初心者の高校生はとりあえず

以下2つの学習を押さえておきましょう。

TOEICビジネス英語を習得する

冒頭でも説明した通り、

TOEICを攻略するなら

ビジネス英語をたくさん

覚えていく必要があります。

 

高校で使うような

「システム英単語」

などの単語帳ではなく、

 

TOEICに特化した単語帳で

単語学習を行っていきます。

 

 

単語学習のコツとしては、

復習を定期的に行いましょう。

 

人間の右脳というのは

一度覚えたことでもすぐに

忘れるように作られてるので、

 

何度も復習することで初めて

単語が定着していくんですね。

 

だから、復習を侮ってはいけませんよ。

公式問題集を解きまくる

受験対策をする場合、

センター試験も2次試験も

必ず過去問を解きますよね?

 

過去問を解きまくることで、

本番の予行演習ができるからです。

 

 

それと同じで、TOEIC対策でも

「公式問題集」を解きまくって

本番に慣れる必要があります。

 

公式問題集は過去問ではないのですが、

TOEIC運営会社が本番を想定して

作っている問題集なので、

学習効果はバツグンです。

 

この公式問題集を何周もすることで

問題パターンや時間配分のコツが

段々と分かってくるようになります。

 

 

最初から公式問題集を使って

勉強する必要はないですが、

 

どのみち本番が近づいていけば

使うことになると思うので、

最初から用意しておいても良いですね。

高校生の初めてのTOEIC受験まとめ

TOEIC初受験の高校生にも

分かりやすいよう解説しましたが、

全体像は掴めたでしょうか?

 

 

何度も言いますが、

TOEICと受験英語は別物なので

切り離して考えて下さいね。

 

ビジネス英語は見慣れないかもしれませんが、

しっかり対策すれば大丈夫。

 

 

高校生がTOEIC対策のために

まず最初にやるべきことは、

 

・TOEIC目標点数を決める

・受験する日を決める

・学習戦略を立てる

・必要な教材をそろえる

の4つです。

 

 

あとは、戦略に沿って

学習を進めるだけですね。

 

そして、周りの高校生たちに

大きな差を付けちゃいましょう!

 

TOEIC初挑戦、応援しています!!

 

 

それでは。^^

TOEIC学習法をYouTubeで公開中!

ブログヘッダー

-TOEIC
-,

© 2022 TOEICペンさんblog Powered by AFFINGER5