TOEIC

外国人のTOEICスコアをネイティブ・非ネイティブに分けて解説

外国人のTOEIC事情

どうも、えーごです。

 

TOEICといえば、日本人にとっては

誰もが知る有名な英語試験ですが、

日本だけでなく世界中に受験者がいます。

 

そこで気になるのが、

外国人のTOEICスコアってどんなもんよ?

ってこと。笑

 

 

英語ペラペラのネイティブが

TOEICを受験したら満点取れるのか?

 

また、非ネイティブの外国人の

TOEICスコアはどのくらいなのか?

 

などなど、外国人のTOEIC事情について

話していきたいと思います。

ネイティブ外国人がTOEICを受けたら満点?

まず気になるのが、

ネイティブがTOEIC受けたら満点取れるのか?

ってことですよね。

 

日本人でTOEIC取れる人なんて

ほぼ稀ですし、相当なバケモンです。

 

少なくとも、僕の周りに

TOEIC満点の人はいません。

(ちなみに、TOEIC満点は990点)

 

 

じゃあ、ネイティブ外国人は?

 

「ネイティブなら満点取れるでしょ!」

と思われる人もいるかもしれませんが、

意外にも満点は少ないみたいです。

 

10 数人程度のサンプルですが、満点を取っているのは 2,3 割ぐらいです。中には 950 点ぐらいの人もいますが、ほとんどの人が 970-990 の間です。

出典 片上裕翔-日本と海外を比べてみよう

 

満点を取れる外国人もチラホラいますが、

あとちょっとのところで満点を

逃してしまう人が多いんですね。

 

 

ほかにも、YouTubeに

こんな動画が上がってました。

ネイティブアメリカ人にTOEICを

受験させてみた、という動画ですが、

そのスコアは985点!!

 

いや、めっちゃ高いんですよ?!

 

スコアは高いんですけど、

それでも満点じゃないんだ、、

ってちょっと意外ですよね?!

 

 

てっきり、ネイティブ外国人なら

ほとんど満点取れるもんだと

思ってた人は多いんじゃないでしょうか。

 

でも、意外に満点ゲッターは

そこまで多くないみたい。

 

 

その理由の1つとしては、

TOEICがつまらない

ってことが考えられますね。

 

僕たち日本人は、

TOEICを受験するときに

試験が面白いか、つまらないか

なんて考えもしませんよね。

 

もう、問題を解くのに必死です。笑

 

 

でも、もともと英語が完璧の

ネイティブ外国人にとっては、

TOEICの試験問題なんて

ただのつまらない説明文なんですよ。

 

そんな試験を2時間受けさせられたら、

そら外国人は疲弊しますわなと。

 

 

逆に、もしTOEICのような

日本語試験があったとして、

 

僕たち日本人がその試験を受けたら

ゼッタイ途中で飽きると思います。

 

だって、試験の内容自体はつまらないもん。

 

 

満点取れるポテンシャルは十分あるけど、

でも途中でしんどくなって

「面倒くせ~」ってなるんじゃないかなと。

 

 

TOEICを受けさせられたネイティブの人たちは

こんな気持ちだったんでしょうね。。

【気になる】非ネイティブ外国人のTOEICスコア

では次に、ネイティブではない、

つまり英語圏以外の外国人の

TOEICスコアを見ていきましょう。

 

TOEIC公式サイトに国別平均スコアが

記載されていたので、

分かりやすくまとめてみました。

ランキング 平均スコア
1 ドイツ 826点
2 フィリピン 773点
3 チュニジア 750点
4 コスタリカ 749点
5 チリ 745点
23 香港 589点
24 台湾 564点
25 セネガル 563点
26 中国 533点
27 日本 531点

 

中間順位は飛ばしていますが、

アジアの国は他の国と比べると

平均点が低めというのが分かります。

 

 

一方、スコア上位の国は

凄まじい高得点を叩き出してますね。

 

1位のドイツなんて、826点ですよ?!

 

日本だったら、間違いなく

高得点と言われる部類です。

 

やっぱり、国によって

英語力のレベルは差がありますね。

 

 

 

ちなみに、上の表にはありませんが

お隣の韓国は12位の683点でした!

 

日本の平均スコア531点に

大きく差を付けましたね。

 

中国も僅差で日本より上ですし、

く、、悔しい、、!!

【まとめ】日本はまだまだ頑張んなきゃね

本記事で、外国人のTOEIC事情は

大方把握できたんじゃないかなと。

 

 

ネイティブは満点を取る

ポテンシャルを持ってるんだけど、

 

試験内容がつまらなすぎて

いささか集中力が続かず、

フルスコアラーは意外と少ない。

 

英語力が完璧すぎるが故の弊害ですね。

 

 

一方、非ネイティブの外国人の

TOEICスコアは、国によって

全然違うんですね。

 

我らが日本は、トップのドイツには

到底かなわないし、韓国にも

一歩も二歩も先へ行かれてます。

 

他国のTOEICスコアを見て、

改めて日本の英語力の無さを

痛感させられちゃいました。。

 

 

日本、ガンバレ!!

 

 

この結果に奮起して、僕も

もっと英語の勉強を

頑張っていきたいです!

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-TOEIC
-

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5