TOEIC

TOEICが難しすぎると感じてしまう原因4つを解説します

TOEICが難しすぎる原因

どうも、えーごです。

 

TOEICが難しすぎる!

 

僕がTOEICを初受験したときの感想です。笑

 

高校生の時に受けたセンター試験とは

難易度がまったく違いますよね。

 

英単語から読解力まで、TOEIC攻略に

求められる英語力は非常にレベルが高い。

 

 

でも、いつまで経っても、何回も

TOEICを受けてるはずなのに全然

問題に慣れない人もいるみたいです。

 

本記事では、TOEICが難しすぎると

感じる原因を解説していきます!

TOEICは難しい試験です

まず最初に知っておいてほしいのが、

TOEICはとても難しい試験だということ。

 

TOEIC870点を所持している僕でも、

難しいと感じるような試験です。

 

「難しすぎる」とまでは言わないまでも、

合ってるかどうか微妙な解答なんて

山ほどありましたよ。

 

 

初受験でTOEIC400点を叩き出したときは

ホントにひどかったのを覚えてます。笑

 

リスニングなんて分からな過ぎて

途中から解くのをあきらめたし、

リーディングも時間が全く足りない。

 

まさに、「難しすぎる!」と

感じてる状態でしたね。。

 

 

だから、

「TOEICの問題が難しすぎて無理」

「自分には才能が無いのかもしれない」

なんて落ち込む必要はありません。

 

TOEICは誰にとっても難しい試験です。

 

正しい学習を着実に継続していけば、

おのずとスコアも上がっていきますよ。

「TOEICが難しすぎる」と感じる原因は?

TOEICが難しすぎると感じる原因は

何なのか解説していきます。

まだTOEICの試験に慣れてない

TOEICの試験に慣れていないと、

難しいと感じるのは当然です。

 

TOEIC400点取った当初の僕のように、

何の対策も無しにTOEICの問題を

解いてもフルボッコにされるだけです。

 

TOEICで肝心なことは”慣れ”

 

問題に慣れていけば、次第に

TOEICへの抵抗感もなくなっていきます。

 

 

問題を解いているとき、

「時間がまったく足りない」

と感じたことはありませんか?

 

これも、「TOEICが難しすぎる」と

感じる大きな理由の1つです。

 

この問題を解決するためには、問題傾向や

時間配分のコツを掴むことが大切。

 

TOEICに慣れるためには、そこら辺の

対策をしっかりしていく必要があるんですね。

ビジネス英語を理解してない

TOEICに出てくる英単語や熟語って、

ほとんどがビジネス英語なんですね。

 

ビジネス英語は日常でも使われることが

少ないので、難しく感じてしまいます。

 

これは、別に受験者をいじめようと

しているわけじゃなくて、TOEICが

そもそもビジネスマンのために実施

されている資格試験だからなんです。

 

だから、就活や昇進の場面でも

TOEICは重要視されているんですね。

 

 

ビジネス英語を理解していないと

TOEICで高得点を狙うのは難しいです。

 

TOEIC対策用の教材ならそういった

ビジネス英語は網羅されています。

単純に英語力が足りない

TOEICにはある程度のコツや

テクニックも必要ですが、

そもそもの英語力が足りないと

良い点数は取ることができません。

 

小手先ばかりのテクニックを意識

しすぎて、英語力を底上げすることを

蔑ろにしても意味がないんですね。

 

まずは英語力を上げることが最優先。

 

それから、さらにスコアアップを

狙うためにテクニックなども

押さえていけば良いのです。

 

 

総合的な英語力を上げる方法は色々です。

 

・発音トレーニング

・英単語の暗記

・文法(中学・高校レベル)

・シャドーイング

・精読や速読トレーニング

等々。

 

英語力が足りてないかも、、

と思う人は、テクニックよりも

本質を意識してみましょう。

勉強方法が間違っている

勉強方法が間違ってると、どれだけ

努力しても結果は出ないんですよね。

 

「努力は必ず報われる」

って、半分ホントで半分ウソです。

 

正しくは、

「正しい努力は必ず報われる」

なんですよ。

 

TOEICも、正しい学習法を実践すれば

必ず成果は出るし、逆に見当違いな

努力をしても意味がありません。

 

 

例えば、自分のレベルに合ってない

教材を使っていたりとかね。

 

高得点を狙うぞ!と言って、

TOEIC初心者がいきなり

上級者向けの教材使ったって

点数が伸びるわけないんです。

 

 

めっちゃ勉強頑張って何回も

TOEIC試験を受けたのに結果が

振るわない人は、勉強法を

見直してみた方が良いかもしれません。

 

(TOEICの正しい勉強法はメルマガなどで詳しく話してます)

TOEICのリスニングとリーディングはどっちが難しい?

TOEICの試験問題は、大きく分けて

リスニングパート

リーディングパート

に分かれてます。

 

どっちが難しいと感じるかは正直

人それぞれなんですが、僕の経験から

ちょっと興味深いことが分かりました。

 

 

僕、中学高校の頃からリスニングが

大の苦手で、最初に受けたTOEICの

リスニングの点数も壊滅的でした。

 

当然リスニングよりもリーディングの

点数の方が高かったです。

 

 

でも、英語学習を続けてTOEIC870点を

取得できた時には、リスニングの点数が

リーディングを上回ってたんです!

 

あれだけリスニングが苦手だったのに、

むしろ逆転しちゃったという。。

 

不思議ですよね?

 

 

このことから分かるのが、TOEICって

リーディングよりもリスニングの方が

良い点数取りやすいんですよ。

 

リーディング問題はボリュームが凄いし

何より時間が足りない。

 

だから、多くの人が苦戦します。

 

実際、周りの人のTOEICスコアを聞いても

リーディングよりリスニングの方が点数

高い人が多かったんです。

 

本質的に、リスニングの方が

リーディングより簡単ということです。

 

 

だから、今リスニングが苦手でも

正しいやり方で勉強を続けていけば

必ずリスニング力は向上していきますよ。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-TOEIC
-, ,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5