TOEIC

TOEIC日常会話レベルのスコアはどのくらい?【点数より大事なこと】

TOEIC日常会話レベル

どうも、えーごです。

 

TOEIC受験に挑戦される方は

毎年たくさんいますが、

その目標は人それぞれですよね。

 

その中でも、

「日常会話レベルを目指して...」

という人は多いんじゃないかと思います。

 

じゃあ、具体的にどのくらいのスコアなら

日常会話レベルを達成したと言えるのか?

について話していきたいと思います。

日常会話レベルとされるTOEICスコア

TOEICの運営会社は、

スコアごとの英語レベルを

以下の”Proficiency Scale”にて

分かりやすくまとめてくれてます。

Proficiency-Scale

出典 TOEIC公式

 

この表では、日常会話レベルのTOEICスコアは

470点~730点の間くらいだと書かれてます。

 

470点なら、簡単な日常会話は理解できるが

コミュニケーションが複雑になると粗が目立つ、

というくらいのレベル。

 

730点は、日常会話レベルの英語力は

完璧にカバーできるレベルみたいです。

 

 

とりあえず、TOEIC400点後半くらいなら

日常会話の最低レベルはクリア、

そして700点を超えれば日常会話は完璧、、

というのがTOEIC公式の見解なようですね。

 

 

 

でも、これはあくまで目安にすぎません

 

例えば、極端な例ですが

リスニング210点、リーディング490点でも

スコア700点となるわけですよね。

 

でも、リスニング210点って

日常会話レベルというには

すこし低すぎる気がします。

 

少なくとも、その程度のスコアでは

ネイティブの話すことは

ほとんど理解できないと思いますし、

 

とてもじゃないけど英語での

日常会話が成り立つとは思えません。

 

 

 

TOEIC公式のスコア分析表からも、

日常会話レベルを目指すなら

700点以上がその目標に適してると思いますが、

スコアに振り回されるのは賢明ではありません。

 

スコアはあくまで目安と割り切って、

本当の英語力を身に付けることを

目標にしてみて下さいね。

TOEICスコアよりも大事なこと

日常会話レベルを目指すなら

目安としてはTOEIC700点以上で、

最低でも400点後半くらいのスコアは欲しい

という話をしましたね。

 

でもこれはあくまで目安で、

本質的な英語力を身に付けるには

スコアよりも大事なことがあります。

 

それは、本質的な学習をすること。

 

つまり、学習戦略こそ

無いよりも重要なのです。

 

 

「はて? 学習戦略とは?!」

 

とはてなマークが浮かんでる

人もいるかもしれません。

 

要は、正しい学習法にのっとって

TOEIC対策を進めていけば、

高得点だけじゃなく本質的な英語スキルを

身に付けることもできるんです。

 

ここが、TOEIC対策の

究極のゴールと言えるでしょう。

 

 

スコアだけ取っても嬉しいですか?

 

たとえTOEIC700、800点と

高得点を取れたとしても、

英語がまともに話せなかったら

悔しいとは思いませんか?!

 

少なくとも僕は、そんなの

絶対に嫌ですね。

 

だって、TOEICハイスコア持ってるのに

なんで英語喋れないの?!って。

 

最低限、日常会話くらいは

英語を話せるようになりたいです。

 

 

 

じゃあ、本質的な英語力を身に付けるためには

一体どのような学習戦略が必要なのか?

というと、1つのヒントは発音です。

 

発音は、英単語と同じくらい

英語学習の土台ともいえる

重要な要素なんですね。

(甘く見てる人は多いですが)

 

発音を鍛えることができれば、

リスニング力は大幅アップ、

英会話の基礎も固められて、

リーディング学習にも役立つ。

 

発音が英語スキルのすべてを

支えてると言っても過言じゃありません。

 

 

実際、僕は発音を意識したTOEIC対策を

3か月間実践してきましたが、

400点から870点まで

一気にスコアが跳ね上がりました。

 

しかも、ただスコアアップしただけじゃなく

スピーキングも抜群に上手くなって、

今では英語でのコミュニケーションにも苦労しません。

 

 

僕がここまで来れたのも、

すべて発音のおかげです。(^^)

 

発音を意識した本質的なTOEIC学習については

僕が執筆した書籍でも無料で話してます。

Amazon電子書籍を無料公開

【結論】日常会話レベルを目指すためにやるべきこと

日常会話レベルを目指すなら、スコアよりも

学習法の方が重要だということは

理解してもらえたかと思います。

 

もう一度、本記事の内容を整理しておきますね。

 

〇日常会話レベルのTOEICスコア(公式の見解)

・470点~730点(あくまで目安)

 

〇僕が本質を意識して学習した結果

・TOEICスコアが400点→870点にUP

・本質的な英語力が身に付き、英語のコミュニケーションも難なく可能なレベルに

 

 

 

ただTOEICの点数を稼ぐだけじゃなく、

本気で日常会話レベルの英語力を

狙っていきたいなら、

 

学習戦略を練る→地道に勉強する

 

このフローを意識してください。

 

 

ここで言う「学習戦略」とは、

点稼ぎのテクニックじゃなくて

本質を意識した英語学習法のことです。

 

例えば、この記事でも話したように

発音を意識して勉強するとか、

英語脳を作るための工夫とか、

そういったことを考える必要があります。

 

ただ闇雲に、思考停止状態で

勉強を続けても意味がありませんよ。

 

 

学習戦略については、ブログやメルマガでも

たくさん話してるので、ぜひ参考にしてください。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-TOEIC
-,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5