コラム

電車や車通勤中に英語の聞き流しする勉強法は効果ある?

通勤時に聞き流し

どうも、TOEICペンさんです。

 

英語学習は机に向かって

やるだけではありません。

 

サラリーマンの方なら、

電車や車通勤の時間を利用して

英語を勉強することもできますよね。

 

 

そこで気になるのが、

「聞き流しは効果あるの?」

ということ。

 

リスニング学習法として

聞き流しを実践している人も

多いんじゃないでしょうか?

 

ここでは、聞き流しの学習効果や

通勤時間におすすめの英語勉強法を

詳しく解説していきます。

【結論】通勤中の英語の聞き流しは時間を無駄にするだけ!

さっそく結論から申し上げると、

通勤中の聞き流し学習は

まったく効果ございません!!

 

 

・・・ちょっとガッカリした人も

いるんじゃないかなと思います。

 

「えっ?! 聞き流しで勉強しようと思ってたのに...」

 

こんな声が聞こえてきそうですが、

残念ながら聞き流しで勉強しても

全くと言っていいほど効果ありあせん。

 

 

聞き流しの効果が薄い理由としては、

・発音を理解できないから

・耳だけの学習は効率悪い

・色んな情報が混じり合う

などが挙げられます。

【理由①】発音を理解できないから

まず発音についてですが、

そもそもリスニングって

英語の発音を理解しないと

できるようにならないんです。

 

発音をしっかり理解してるからこそ、

英語の音を正確に聴き取ることができるし

英語を話すこともできるんです。

 

僕自身、発音を訓練してから

リスニング力も英会話力も

飛躍的に上達していきました。

 

 

でも、聞き流しって単に

”意味のない”英語の音

拾ってるだけの状態なので、

発音を理解してるとは言い難い。

 

聞こえてきた英語の音を

自分でリピートすることもできないし、

英語の意味も理解できてない。

 

要は、右耳で聞いた英語が

そのまま左耳から

流れ出ていくイメージですね。

 

 

リスニングを鍛えるには、

自分の口でも正確に発音できること、

そして聴き取った英語の内容も

理解できるようになる必要があります。

【理由②】耳だけ学習は効率悪い

人間には数ある感覚器官がありますが、

できるだけ多くの器官を用いれば

それだけ学習効率は高くなります。

 

たとえば、リスニング学習なら

耳と口を使うことで

効果は倍増するんですね。

 

 

でも、聞き流しの場合は

”耳”だけしか使ってません

 

だから学習効率が悪い。

 

しかも、その唯一使ってる耳も

フル稼働してるわけじゃありません。

 

音をボーっと聞いてるだけなので、

前述のとおり発音も理解できないし

英語の音も理解できないんです。

 

リスニングを鍛えるには

耳をフルに集中させる必要があります。

【理由③】色んな情報が混じり合う

電車や車で通勤してるときって

いろんな情報が脳に入ってきます。

 

例えば、満員電車の中には

同じく通勤中のサラリーマンが

溢れんばかりにぎゅうぎゅう詰め。

 

それだけで視覚的に

色んな情報が入ってくるし、

汗の臭いや体臭も鼻から入ってきます。

 

電車に揺られまくって

「ガタンゴトン」という

うるさい音も耳から入ってきます。

 

 

車通勤の場合は

常に周りに注意する必要があるので、

目が休まることはありません。

 

ほかの車や街中の雑多な音も

もちろん耳に入ってきます。

 

 

このように、通勤中は

色んな情報が目から、耳から

入ってきてしまうんです。

 

そんな状況で聞き流ししても、

聴き取った英語の音と

脳に入ってくる雑多な情報が

混じり合ってしまうので、

脳は混乱してしまうんです。

 

脳が混乱して、多すぎる情報を

整理整頓できなくなってしまう。

 

もちろん、聞き取った英語の音も含めて。

 

だから学習効率は非常に悪いです。

英語を楽に勉強しようとしてませんか?

英語の聞き取りというのは

実はすごく学習効率が悪い、

という話をしましたが、

 

そもそも聞き流しで

英語を勉強しようとする人には

ある傾向が見られます。

 

・・・それは、

楽して英語を勉強したい

というマインドが染みついてる。

 

 

これが良くないんです。汗

 

楽して勉強できるほど

英語上達は甘くないんですね。

 

英会話にしろTOEICにしろ、

結果を出すにはそれなりの

努力をする必要があります。

 

だから、楽にできる英語学習なんて

そもそもこの世には存在しません。

 

 

そりゃ、楽に英語が上達できたら

それに越したことはありませんよ。

 

僕だって楽に勉強したかった。

 

でもそんな方法ないんですよね。

 

 

聞き取りなんて、どう考えたって

めちゃめちゃ楽じゃないですか?

 

英語の教材や洋楽をただ聴くだけ、

洋画や海外ドラマをただ見るだけで

リスニング力がみるみるアップする。

 

・・・そんな夢のような話はありません。

 

 

聞き流しは効果がない

ハッキリ断言できますので、

もう聞き流しとは縁を切ってください。

 

未練タラタラでも仕方ないです。

 

復縁もしないでください。笑

 

もう今後ずっと、

聞き流しとはおさらばして

正しい英語学習法を実践していきましょう!

でも通勤時間に英語を学ぼうとする意欲はGOOD

ちょっと辛口になってしまいましたが、

でも通勤時間に英語を学ぼうとする

その意欲は素晴らしいです!!

 

そもそも、大人になったら

勉強しなくなる人がほとんどなので、

英語を勉強しようと決意しただけでも

大したもんなんじゃないかなと。

(何様だって話ですが笑)

 

 

実はですね、通勤時間に勉強する、

ということ自体は全然良いんです。

 

むしろ、そういった隙間時間を

有効活用することを推奨しています。

 

会社員は忙しいので、

できるだけ通勤時間など

隙間時間は有効的に

利用していきたいですね。

 

 

でも、さっき

「通勤中は色んな情報が脳に飛び込んでくるから、学習効果が悪い」

という話をしましたよね?

 

だから、

「通勤時間の勉強は意味ないんじゃなかったのか?!」

と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

 

でも、それはあくまで

「聞き流し」を行う場合の話で、

聞き流しは大した集中力を要さないため

雑多な情報が脳になだれ込んでしまうんです。

 

逆に、それ以外の正しい学習法なら

通勤中でも効果はバッチリです。

 

その”正しい学習法”は

次項で解説していきますが、

 

例えばシャドーイングという

リスニング学習法なら

耳を極限まで集中できるので、

雑多な情報は気にならなくなります。

電車や車通勤でおすすめの英語勉強法は?

では、電車や車通勤中に実践したい

おすすめ英語学習法を紹介します。

 

忙しいサラリーマンの方は、

ぜひこれらの勉強法に

トライしてみて下さいね。

シャドーイング

まずはリスニング学習。

 

聞き流しに代わる勉強ですが、

学習効率はまったく違います。

 

 

シャドーイングというのは

耳で聞いた英語を、そのまま

口に出して発音する学習法です。

 

要は、「耳」と「口」

同時に使うんですね。

 

これって脳科学的に見ても

めっちゃ学習効率が良いんです。

 

で、シャドーイングって

自分で発音する必要がありますが、

 

車通勤の場合は自分一人なので

どれだけ大きい声を出しても

問題ないと思います。

 

 

でも、電車通勤の場合は

周りの目もあるので、

大きな声を出して発音するのは

中々難しいんじゃないかなと。汗

 

それなら、小声で発音するでも全然OKです。

 

ほとんど吐息に近いくらい

小さな声でシャドーイングすれば、

周りの目も気になりません。

 

 

ただし、やっぱり発音は

できるだけ声に出して

やった方がいいので、

 

家にいる時はちゃんと

普通の声量にもどして

シャドーイングして下さいね。

リーディング学習

リーディング学習、

要は英文を読む特訓も

通勤時には効果的です。

 

まあ、英文と睨み合いっこするので

車通勤中はできないと思いますが、

電車通勤の方にはおすすめですね。

 

電車に揺られてる間に

どんどん読解力を鍛えていきましょう!

単語学習

リーディングと同じで、

単語学習も電車通勤では効果的です。

 

電車の音がうるさくて

集中できないときは、

耳栓などすると良いでしょう。

 

 

1つ注意したいのが、

単語帳はあなたの英語学習の

目的に合ったものを選びましょう。

 

極端な例ですが、

TOEICの勉強をしたいのに

海外旅行用の教材を使っても

意味がないのは明白ですよね。

 

TOEICはビジネス英語がメインなので

必ずTOEIC単語帳を使う必要があります。

 

 

あと、単語の学習法ですが、

文字情報で単語の意味を

覚える人がほとんどですよね?

 

例えば、"apple"なら

「りんご」として覚えます。

 

 

でもこれって学習効率悪くて、

もっと良い記憶法があるんですけど、

詳しいことはYouTubeで話してます。^^

ひとり英会話

英会話を学びたい人は

ひとり英会話をやると良いです。

 

ひとり英会話っていうのは、

周りの景色やシチュエーション、

あるいは頭に思い浮かんだことなど

何でもいいので英語で話してみる、

といった手軽にできる学習法です。

 

たとえば、

「今日は暑いな~」と思ったら

"It's hot today"

と言ってみる。

 

こんな簡単で良いです。

 

とにかく思ったことは

すぐ英語で話してみましょう。

 

 

で、シャドーイングと同じで

車通勤なら大声でできますが、

電車通勤の場合は大声は難しい。

 

なら小声でするか、もしくは

心の中で英語を話す、、

という方法もあります。

 

 

できれば声に出した方が

発音の練習にもなるので

そっちの方が望ましいですが、

 

たとえ声に出さなくても

英会話の瞬発力は鍛えられるので

電車の中では無声でもOKです。

【まとめ】通勤学習はまさに忙しい現代人にピッタリ!

本記事のまとめとします。

 

まず覚えておいてもらいたのが、

聞き流し学習は全く効果ないってこと。

 

「楽な」勉強法につられて

ずるずる続けていってしまうと、

時間を大量に失うことになります。

 

 

そして、通勤時に効果的な学習法として

 

・シャドーイング

・英文を読む

・単語学習

・ひとり英会話

を紹介しました。

 

ぜひ、これらの学習を

日々の通勤時に取り入れてみて下さい。

 

 

サラリーマンの方に限らず、

忙しい現代人にとって

通勤学習はまさに最適だと思います。

 

たとえ通勤時間が短くても、

その時間を勉強時間に充てれば

コツコツ英語力が積みあがっていきます。

 

「塵も積もれば山となる」

 

まさにこの言葉の通り、

ほんのちょっとの隙間時間が

後に大きな結果をもたらすのです。

 

 

どのみち通勤時間なんて

ほとんどの人はSNSを見るか、

スマホゲームするくらいしか

やってないと思います。

 

ならば、そういった無駄な時間を

英語の勉強に充ててみませんか?

 

たったそれだけのことで、

将来的に大きなメリットになるでしょう。

TOEIC学習法をYouTubeで公開中!

ブログヘッダー

-コラム
-,

© 2022 TOEICペンさんblog Powered by AFFINGER5