コラム

シャドーイングについていけない場合の対処法を解説します

シャドーイングについていけない

どうも、えーごです。

 

英語のリスニングの学習方法に

「シャドーイング」というものがあります。

 

これはすごく効果的な学習方法なんですが、

英語初心者やリスニングが苦手な人にとっては

「シャドーイングしてるけど全くついていけない」

という悩みを抱えることが多いんです。

 

実際、過去の僕もそうでした。

 

でも、シャドーイングは正しい方法で

実践すればリスニング力がうなぎ上りに

上達していくので、今ついていけなくても

改善策を学んで続けていってほしいなと。

 

本記事では、シャドーイングについていけない理由や

上手くできないときの対処法を解説していくので、

ぜひ参考にしてくださいね。^^

シャドーイングは難しくて当たり前

まず最初に行っておきますが、シャドーイングは

難しくて当たり前のトレーニング法です。

 

特に、耳が英語に慣れてないときは

できなくて当たり前なんですよね。

 

僕も、今でこそシャドーイングに慣れて

TOEICのリスニングでも高得点を取れるように

なりましたが、昔は全くと言っていいほど

シャドーイングに付いていけませんでした。

 

そう、今のあなたと同じ状況だったんです。

 

でも、試行錯誤を繰り返して正しい方法で

シャドーイングを継続したことで

リスニング力が飛躍的に伸びたんですね。

シャドーイングについていけない理由

まずは、なぜシャドーイングができないのか?

英語の音声についていけないのか?について

その主な理由を解説していきます。

英語の発音や繋ぎ音を理解してない

英語の音は、そもそも日本語とは違います。

 

例えば英語でRとLの発音がありますが、

リスニングが苦手な人はRとL両方を日本語の

「ら行」と同じ発音だと認識しちゃうんですね。

 

まだLの発音と「ら行」の発音は似てますが、

Rの「ら行」の発音は全く違います。

 

 

あと、繋ぎ音にも注意が必要。

 

英語には、隣り合う単語同士の音を

繋げるという独自の法則があります。

 

例えば、recognition of だったら

あえて日本語で書くとすると、

 

「レコグニション オブ」

ではなくて

「レコグニションノブ」

のように前後が繋がるんですね。

 

 

こういった英語の発音についてしっかり

理解しておかないと、英語の音は

聞き取れるようにならないです。

教材のレベルが高すぎる

教材のレベルが高すぎると、ある程度

発音を理解していてもシャドーイングは

できるようになりません。

 

「英単語が難しすぎる」

「構文がまったく分からない」

など、明らかにレベルに会ってないなと感じたら

迷わずリスニング教材のレベルを下げてみましょう。

英語脳がまだ発達していない

「英語脳」という言葉を聞いたことはあるかと思います。

 

僕たち日本人は日本語を見たり聞いたりするのには

慣れてますが、文章構造の違う英語には

まったく慣れていないんですね。

 

だから、リスニングにしろリーディングにしろ

英語脳を鍛えないと上達しない。

 

 

シャドーイングは、耳に入ってくる英語の音声を

理解しながら口で発してアウトプットする学習法です。

 

つまり、脳科学的に言うと

聴覚→理解→伝達→運動(口の動き)の順に

脳の各部位が刺激されてるんですね。

 

で、英語脳が発達してないとそもそも

聞こえてくる音声の意味を理解できない、

つまり「理解系」の脳細胞が刺激されないので

シャドーイングの意味がないんです。

まだまだ練習不足

シャドーイングは確かに難しい学習法ですが、

何度も繰り返していくことで徐々に慣れていきます。

 

だから、シャドーイングについていけない理由は

単純に練習不足なだけという可能性もあります。

 

何か月もシャドーイングを続けてるのに

一向にできるようにならないという場合は

何かやり方が間違ってる可能性が高いですが、

 

まだそんなに数をこなしてないなら地道に

続けていくことでシャドーイングは

できるようになっていきますよ。

シャドーイングの音声についていけない時の対処法

シャドーイングについていけない理由を踏まえた上で、

その対処法について話していきます。

音声のスピードを遅くする

教材の音声スピードが速すぎると

上手く聞き取れないし、口も回りません。

 

初めて聞いた音声で半分くらいは聞き取れる

くらいがちょうど良いスピードです。

 

1割~3割ほどしか聞き取れない

(つまりほとんど聞き取れない)

ようなら、まずは音声のスピードを

遅くしてみましょう。

部分ごとにシャドーイングしてみる

音声を遅くしてもシャドーイングできないなら、

全文を一気にやろうとするのではなく

部分ごとに切り取りながらやってみて下さい。

 

切り取る長さはお好みで構いません。

 

1つ1つの文で区切ってもいいですし、

単語や熟語レベルまで短くなっても良いので

 

とにかく文章の一部だけ何度もシャドーイングして、

その一塊をクリアしたらまた次の一塊、、

という風にやっていくと良いと思います。

 

 

すごく地味な学習になってしまいますが、無理して

全文を一気にシャドーイングしようとしても

次から次へと音が入ってくるので頭が

パニックになって結局は学習効果がありません。

 

だから、シャドーイングに慣れるまでは

部分ごとに繰り返していくのが効果的です。

発音訓練をする

英語の発音をしっかり理解しないと

英語の音を聴きとれるわけがないので、まずは

発音の訓練をしてみることをおすすめします。

 

例えば、RとLの違いを完璧に理解するために

この2つの音を何度も何度も繰り返し

自分の口で発音してみる。

 

そういった地道な発音練習を続けることで

英語の耳も鍛えられていくんですね。

 

「英語が話せるようになれば聞き取れるようにもなる」

とどこかで聞いたことがありませんか?

 

発音練習はまさにこの効果を狙っていて、

英語の発音が自分で出来るようになると

英語の音を聞き取れるようにもなるんですね。

 

部分的なシャドーイングや音声を遅くしても

効果が無ければ、まずは基礎から立ち戻って

発音を鍛えるようにしましょう。

シャドーイングについていけない場合の対処法【まとめ】

シャドーイングについていけないのには、

必ず何か理由があるはずなんです。

 

元々頭が良い人しかできないような学習法じゃなく、

訓練すれば誰もがリスニング力を鍛えられる学習法

それがシャドーイングです。

 

だから、まずは

「何が原因でシャドーイングが上手くいかないのか?」

「どうすればできるようになるのか?」

を考えなくてはいけません。

 

その手助けができるように、本記事を

書かせていただきました。

 

 

そして、シャドーイングにしろ

どんな学習法にしろ、正しい方法で

継続すれば結果は必ず出ます。

 

英語力を上げるうえで最も大切なのは、

正しい学習方法を知ることなんですね。

 

僕のメルマガやブログで英語学習法について

話しているので、ぜひ覗いてみてください。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-コラム
-, ,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5