コラム

理系が大学院に行かないという選択肢について思うこと

理系だけど大学院に行かない

どうも、えーごです。

 

今回は、理系が大学院に行かない

のはありか?なしか?について

話していきたいと思います。

 

 

理系の大学生って、大学院に進むのが

当たり前という風潮がありますよね。

 

僕も工学部なのですごく分かります。

 

学部4年になると、

「院に進むの?」じゃなくて

「院試の勉強してる?」

と聞かれるんですよね。笑

 

でも、理系でも大学院には行きたくない

って人もいると思うんですよ。

 

だから、院進学しないという方向性は

正しいのかどうか考察していきます。

理系が大学院に行かない選択肢はあり?

結論から言うと、理系でも大学院に

行かないのは全然ありだと思ってます。

 

理系=院進学が当たり前

と思ってる人って、

 

「理系は院に進むから意味がある」

「学部時代だけじゃ大した専門性は身につかない」

 

という思考があると思うんですね。

 

これって、要は

理系は研究で培う専門スキルを身に着けるのが義務

と思ってる人が多いということ。

 

 

確かに、大学院に進んで2年間も研究に

取り組めば、学部卒じゃ得られない

専門スキルは身に付くでしょう。

 

でも、理系だからといって

専門分野を極めないといけない

という義務なんて無いと思うんですね。

 

「理系は院に行かないと意味がない」

というのなら、じゃあ文系は

どうなってしまうのでしょうか?

 

文系学部で身に付く専門スキル

なんてないですよね?

 

でも、社会で立派に活躍してる

文系出身者はたくさんいます。

 

 

大学院まで進んだ理系こそ価値がある

という考え方は全くの間違いなんです。

 

「せっかく理系なのに、専門性を極めないのはもったいない」

なんて思う必要はありません。

 

院に進んで専門スキルを極めるか、

それとも院に行かずに理系のレールから

外れて好きなようにやっていくのか、

それは人それぞれの自由です。

 

「みんなが院に行くから自分も」

という考え方はとても危険なので、

今すぐ取り払うべきですね。

院進学しないメリットとデメリット

では、理系で大学院に行かないメリットと

デメリットを解説していきます。

メリット

理系の学部卒のメリットは、やはり

仕事の幅が広がることですね。

 

院に進学しない場合は学部卒で

就職することになると思いますが、

専門分野に固執する必要が無いので

理系職も文系職も自由に選べるんですね。

 

理系メーカーでエンジニアとして働く

こともできるし、商社や金融機関など

理系と全く関係ない職に就くこともできます。

 

 

「理系の学部卒なんて求められてるのか?」

と疑念を抱く人もいるかもしれませんが、

 

理系の学部卒は就活市場でも珍しいので

就活を有利に進めやすいです。

 

また、院卒よりも思考が柔軟ということで

理系学部卒を欲してる企業も多いですよ。

 

 

逆に、院卒の人は基本的に研究で培った

専門スキルを活かせる職に就くので、

 

理系職(特に研究職)や研究所などで

働くケースが多いです。

 

 

 

また、研究が苦手な人にとっては

これ以上嫌な研究を続ける必要が

ないというのも、学部卒のメリットです。

 

理系であっても、実験や研究が

嫌いだという人は普通にいると思うんです。

(僕自身がそうなので笑)

 

特にやりたい研究が無い人は、

わざわざ大学院に行ってまで研究を

続ける必要はないのかなと。

デメリット

理系学部卒のデメリットは、メーカーに

就職する場合に研究職に就くのは

困難であるということ。

 

研究職には専門的な知識や経験が

求められるので、研究経験が浅い

学部卒は不利になってしまいます。

 

 

でも、そもそも大学院に行かない理系学生は

研究が嫌いな場合がほとんどだと思うので、

 

メーカーに就職するとしても研究職を

志望する人は少ないんじゃないでしょうか?

 

そう考えると、大したデメリット

にはならないですね。^^

大学院に行かないなら今すぐやるべきこと

もし、大学院に行かずに学部卒で就職する!

という決心がついたのなら、今すぐにでも

やるべきことがあります。

 

それは、就活対策

 

院進学組は、4年生の夏休みにある

院試の数か月前から試験勉強を

始めるだけでいいのですが、、

 

就活組は3年生の段階から対策を

やっていく必要があります。

 

自己研究や企業研究、TOEIC対策、

グループディスカッションや面接対策など

やるべきことは山ほどありますよ。

 

就活の準備は、早ければ早いほど良いです。

大学院に行かない理系大学生【まとめ】

本記事のまとめとさせていただきます。

 

・院に行くかどうかは、人それぞれの自由

・理系でも大学院に行く必要性は無い

・学部卒の場合は就職の幅が広がる

・研究が嫌いな人は学部卒一択

・院に行かないと研究職は難しい

・就活対策はできるだけ早く始める

 

 

理系は大学院に行かないとダメ、なんていう

凝り固まった固定概念は捨てる必要があります。

 

理系は学部卒だから不利、

なんてことは全くありません。

 

 

周りが院進学ばかりだと、学部卒で就職するのは

中々勇気がいることかもしれません。

 

でも、周りに流されず自分の頭で

しっかり考え抜いて、自身の進路を

決めることが最も大切なんです。

 

好きなように、自由にやっていきましょう!

 

 

就活の道に進む場合は、早めに対策を

しないといけないってことだけは

覚えておいてくださいね。

 

ちなみに、TOEICは就活でも院試でも使うので、

院に進むかどうか関係なくTOEICの勉強は

進めておく必要があります。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-コラム
-, ,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5