TOEIC

理系がTOEIC高得点を取ると就職に有利になる理由を徹底解説

理系の就職にTOEICが必要な理由

どうも、えーごです。

 

理系の就職には専門的なスキルはもちろん、

英語力も求められます。

 

だから、就職に向けてTOEICの勉強くらいは

しておいた方が良いですね。

 

 

理系に英語? なんで??

 

こう思ってる理系大学生は、ぜひ本記事を読んで

TOEICがいかに理系の就職に必要か理解していただければと。

TOEIC高得点の理系が就職で有利な理由

理系職は英語を使う機会が多い

主に技術職(エンジニア)と研究職に分かれる理系職.。

 

専門的な知識やスキルが必要な職種ですが、別に

それだけが求められてるわけじゃないんですね。

 

専門的な理系職と言えど、ある程度の英語力は必要です。

 

 

「理系職は英語を使う機会がない」と思ってる

理系学生は意外と多そうに見えますが、実は

エンジニアや研究者も英語をけっこう使います。

 

外資系企業はもちろん、日系企業のメーカーなどでも

海外の人と一緒に仕事をする機会は多いんですね。

 

だから、就活の際に

「英語はできますか?」

と聞いてくる面接官がいるくらい

理系の学生にも英語力は求められてます。

 

そして、その英語力を測る指標として使われるのがTOEICです。

 

TOEIC高得点なら「英語ができる理系」

と見られて、就活では非常に有利に働きますよ。

 

 

企業によっては、学歴よりも英語力を重視する

ところもあるみたいです。

ほかの理系就活生と差別化できる

「理系に英語は必要ない」という偏見もあってか

英語を勉強しない理系大学生はけっこう多いんです。

 

だから、理系のTOEIC平均点も文系に比べて低い。

(参考→理系のTOEIC平均点を分析してみた

 

これは逆に言うと、ある程度TOEICで高得点を

取っていればほかの理系学生の差別化できるということ。

 

これは非常に大きなアドバンテージです。

 

理系学生のほとんどは就活時に研究内容をアピールしますが、

研究に加えてTOEIC高得点をアピールできれば

「こいつは他とは違う」と思ってもらえるでしょう。

理系就職でも文系就職でも有利になれる

先ほども言ったように、理系のTOEIC高得点保持者は

理系就職を非常に有利に進めることができます。

 

じゃあ文系就職はどうか?

が気になるところですよね。

 

理系学生のほとんどはIT企業やメーカーなどに理系就職しますが、

商社やコンサル、銀行など理系職種とは関係のない

いわゆる”文系就職”をする学生もチラホラいます。

 

そういった文系就職をする場合、周りには

TOEIC高得点を持つ人はざらにいます。

(もちろん企業や職種にもよりますが)

 

つまり、理系就職と違って

「英語ができる」というアドバンテージが

薄れてしまうんですよね。

 

でも、英語は無理でも、理系就活生は

ほかの要素で差別化することができます。

 

そう、理系であることをアピールすればいいんですよ。

 

そもそも理系学生が文系職種を志願するのは

珍しいので、面接官にも興味を持ってもらいやすいです。

 

研究内容などを上手くアピールできれば、

文系就活生との差別化になりますよね。

 

 

つまり、思考を逆転させるんです。

 

理系就職では英語(TOEIC)を武器に、

文系就職では理系を武器にして戦うことで、

理系学生は終活で無双できます。

理系はTOEIC何点を狙うべき?

理系が就活を有利に進めようと思ったら、

TOEICで何点くらいを狙えばいいのでしょうか?

 

一概には言えませんが、最低でもTOEIC600点は欲しいですね。

 

他の理系学生と差別化して英語力をアピールしようと

思えば、TOEIC700点以上を狙っていきたいです。

 

いきなりそのレベルを目指すのが厳しいのであれば、

まずは600点を着実に狙っていきましょう。

 

TOEIC600点くらいなら、割と短期間でも達成できます。

 

そこからさらにレベルアップして700点、

800点を超えるようになれば、英語力を武器に

就活市場で戦えるようになりますよ。

【就活の心構え】TOEICはあくまでプラスαという考え方

就活の心構えとして、あくまで

TOEICはプラスアルファ

という意識を持つようにしましょう。

 

どの企業も英語力は重要視していることは確かですが、

面接官はTOEICの点数だけを見て就活生を判断してるわけじゃありません。

 

主体性だったり、忍耐力、コミュニケーション力、

理系だったら研究で励んできたことなど、

重要視する要素は語学力以外にもたくさんあります。

 

TOEICの点数はそんな中でのあくまで一要素。

そのことをしっかり心に留めておく必要があります。

 

 

だから、TOEICの点数しかアピールポイントがなければ、

就職はなかなか上手くいかないでしょう。

 

理系には「研究」という十分なアピールポイントがあります!

そのうえで、TOEICハイスコアも着実に狙っていきましょう。^^

【余談】なぜ英検じゃなくてTOEICなのか?

余談ですが、英語力を測る試験ってTOEICだけじゃないですよね。

「英検」もメジャーな資格試験の1つです。

 

ではなぜ、就活では英検じゃなくて

TOEICばかり重要視されるのか?

 

それは、

・TOEICが一番メジャーだから

・具体的に数値化されて分かりやすいから

という2つの理由があると思うんですね。

 

英検もメジャーですけど、やっぱり

英語の資格といえばTOEIC!

という感じになってますよね。(少なくとも日本では)

 

受験者の多いTOEICのほうが、企業側にとっても

使い勝手が良いのだと思います。

 

 

あと、単純に英語力が具体的な数字で

見られるところが大きいですね。

 

英検の場合は「1級」とか「準2級」とか

よくわからない独自の指標を使ってますが、

TOEICは具体的に数値化してくれます。

 

英語力が測りやすいというのは、企業側にとっても

そうですし、受験者にとっても大きなメリットですね。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-TOEIC
-, ,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5