学習マインド

40代主婦が英語を勉強して語学習得するステップを解説

40代主婦の英語学習

どうも、えーごです。

 

今回の記事では、

 

40代の主婦が英語を勉強して効果があるのか?

具体的にどのように勉強するべきか?

 

という話をしていきます。

 

 

ちなみに僕は40代でも主婦でもないですが、

英語学習の本質は年齢とか関係なく

誰にとっても同じだと思ってます。

 

だから、大学生の僕の経験からでも

英語学習について参考になる部分は

いろいろあるんじゃないかなと。

40代主婦でも英語を学ぶチャンスはある!

まず前提として、

40代主婦でも正しい勉強法を実践すれば

ちゃんと英語力は伸ばせる、という

ことを知っておいてほしいです。

 

 

英語を勉強したいと思ってる主婦の中には、

「もう40代だけど大丈夫なの?」

と心配される方は多いんです。

 

やっぱり、年を取ったら

英語は身に付かないんじゃないか、

とか思っちゃいますよね。

 

 

学生時代に学んだ英語も、

多分それ以降は全く勉強してこなかったと思うので、

ほとんど抜けちゃてるんじゃないかなと。

 

 

 

でも大丈夫。

 

英語を学ぶのに年齢なんて関係ありません。

 

年齢と英語学習の関連性については

こちらの記事でも解説してるので、

気になる方は読んでもらえればと。

 

 

 

それに、家事や育児で忙しい主婦

だからといって、英語学習に

不利になることもありません。

 

たしかに大学生に比べれば

勉強に取れる時間は圧倒的に

少なくなるでしょうし、

 

その分、成果が出るまでの時間も

長くなるかもしれません。

 

 

でも、たとえ少しの勉強時間でも

毎日コツコツ積み重ねれば結果は出ます。

 

正しい勉強法×最低限の勉強時間

さえあれば、努力は実ります。

 

 

だから、主婦が英語を習得するコツは

いかにして勉強時間を抽出できるか

にかかってるんですね。

 

ここら辺の話は、後で

詳しく解説します。

40代主婦が英語をマスターする学習戦略

では具体的に、40代主婦が

英語をマスターする学習戦略を

話していきたいと思います。

 

ハッキリ言って、しっかり結果を

出せるかどうかって

勉強を始める前の戦略

にかかってると思うんですね。

 

勉強法自体もそうですし、それを

いかにして継続していくか?

という戦略も重要です。

 

 

ここではめっちゃ大事な話をしてるので、

ぜひ何度も読んでもらいたいです。

目標ははっきりと

まず最初にやることは、

単語帳を開くことでも、

参考書を買いに行くでもなく、

ハッキリとした目標を決めることです。

 

ここで、”ハッキリ”という言葉を使いました。

 

これが非常に重要なんです。

 

 

学習をするうえで目標設定が

大事なのは当たり前なんですが、

あまりにもフワフワした目標を

立ててしまう人がいるんですね。

 

例えば、

「英語を話せるようになりたい」

みたいな。

 

英語を話せるようになるのは良いけど、

具体的にどの場面で英語を使うのか?

まで明確にしないと意味がありません。

 

 

あるいは、

「TOEIC800点を取りたい」

もその先が見えないですね。

 

TOEICスコア自体は具体的な

目標が定まってるので良いのですが、

 

TOEIC800点を取ってどうしたいのか?

まで見越しておく必要があります。

 

 

キャリアアップが目的なのか?

 

それとも、その先の更なる目標があって、

学習のモチベーション維持のために

TOEICを利用するのか?

 

 

目標はハッキリと、具体的にです。

 

 

まだ英語学習の目標が定まってない人は、

今決めてしまっても良いと思いますよ。

 

 

参考までに話しておくと、

主婦の方でも、英語スキルがあれば

再就職もしやすいし、職種によっては

パートで有利になったりもするでしょう。

 

僕がバイトしてた高級ホテルでは

英語を使う機会が頻繁にあったので、

英語堪能な主婦はめっちゃ活躍します。^^

 

 

英語のスキルを使える職場は

いっぱいあるので、そういうのを

目標にするのも良いですよね。

発音からしっかり学ぶ

中学校とか高校の英語教育って、

文法がメインだったと思うんですね。

 

いろんな構文覚えさせられたり、

仮定法やら過去完了やら

とにかく文法を徹底的に叩き込まれる。

 

日本の英語教育は、文法至上主義です。

 

 

でも、ハッキリ言って、文法ばかり

やっても本質的な英語力は身に付かない。

 

40代から英語の勉強始めよう!

とか言って、中高の時と同じように

文法から学び始めるのは効率悪いです。

 

文法も大事ですが、それよりも

優先すべきことがある。

 

 

僕は、まずは発音の練習から

やってみることをおすすめします。

 

TOEICの勉強をする場合でも、

発音からやることが重要です。

 

 

「え? TOEICに発音なんて関係なくない?」

と思われる方もいるかもしれません。

 

でも、発音は英語の本質であり、

発音を理解せずして勉強しても

何の意味もないんですよね。

 

発音を理解するということは、

英語の音を理解するのと同じ。

 

音は言語の土台となる部分です。

 

だから、発音を学べば

英語の聴き取りができるようになるし、

英会話力を鍛えることもできます。

 

 

英語の基礎基本を作るには、発音が不可欠。

 

 

発音トレーニング法は無料公開中の電子書籍

の中で詳しく解説してますが、とりあえず

発音が大事ってことは覚えておいてくださいね。

勉強する時間は”探す”んじゃなく”作る”

冒頭の方で、主婦が英語を習得するには

勉強時間を確保することが重要、

という話をしましたね。

 

で、こういう話をしたときに

「頑張って勉強時間を探そう!」

と思う方も多いのですが、

これは大きな間違いなんです。。

 

 

勉強時間は、”探す”ものじゃなく

”作る”ものなんですよね。

 

ほんの少しの意識の差ですが、

この差がめっちゃ大事なんです。

 

 

”時間を探そう”とする人は、

家事や育児、娯楽など既に埋まってる

スケジュールの中から、何とかして

勉強する時間を捻出しようとします。

 

この場合、思ったよりも

勉強時間を確保することができません。

 

 

一方、”時間を作ろう”とする人は

まず勉強時間をスケジュールに組み込んで、

 

その後で家事や育児、そして娯楽などの

スケジュールを埋めていきます。

 

こうすることで、既に決まった

スケジュールの通りに動くだけで

自然と英語を勉強することになるので、

勉強を後回しにすることは無くなります。

 

 

料理で例えるならば、

英語の勉強は”ピザ生地”であり、

 

決してトマトやチーズなどの

”トッピング”ではありません。

 

 

勉強を”トッピング”にしてしまうと

どうしても後回しになりがちなので、

最初に生地を作っちゃいましょう。

 

そして、後から家事や育児、ドラマ鑑賞

などの”トッピング”をしていけば良いんです。

 

 

家事や育児がトッピングだなんて!!

と思われるかもしれませんが、

これは一種の発想の逆転ですね。

 

 

主婦の仕事は家事や育児

というのが当たり前の認識ですが、

 

それを強制的に変えてしまって

英語の勉強を主役にしてしまいます。

 

 

さすがに勉強時間を10時間とかに

設定してしまうと、家事の時間が

無くなっちゃうかもしれませんが、

 

適切な勉強時間は日々の

家事や育児にかかる時間から

逆算して決められますよね。

 

 

「これくらいの勉強時間なら家事と両立できそう」

と、最初に学習計画を立てて

スケジュールを押さえてしまえば、

毎日の勉強時間はしっかり確保できます。

家事=英語の勉強のマインド

最後に、英語学習のモチベーションを

保つ秘訣について話していきます。

 

 

主婦の方なら、家事は毎日

当たり前のようにこなしてると思います。

 

毎日3食ご飯を食べたり、お風呂に

入ったり歯を磨いたりするのと同じように、

家事は主婦にとって”習慣”そのもの。

 

 

じゃあ、英語学習も家事と同じように

”習慣”にしちゃえば良いんじゃないでしょうか?

 

 

脳は、何か新しいことを始める時に

莫大なエネルギーを消費します。

 

英語を新たに勉強しようとすると

「やめて~! 勉強なんてしないで~!!」

と邪魔しにかかるんですよ。

 

でも、一度習慣にしてしまえば

「勉強? いいよ、やろうやろう!」

と脳は前向きになってくれます。

 

 

だから、いかに勉強を習慣化するか?

がモチベーションを保つうえでは

めっちゃ重要だったりするんですね。

 

 

そのコツとしては、

スケジューリング→ハードルを下げて継続

といった感じですね。

 

 

さっきも話した通り、まずは

家事よりも優先して勉強を

スケジューリングする、

つまり毎日の日課にしてしまいます。

 

そして、毎日英語を学んでいくわけですが、

最初からハードルを上げすぎても

エネルギーを消費しすぎてすぐに

挫折しちゃうと思うんですね。

 

だから、最初のうちは勉強の

ハードルを下げちゃって大丈夫です。

 

「これなら継続できそうかな」

と思うレベルまでハードル下げて、

 

日常の中に”英語の勉強”という

習慣を取り入れていきます。

 

 

慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、

毎日続けていくことで次第に

勉強が習慣化されていくでしょう。

 

そして、勉強が完全に日常に沁み込めば

”英語の勉強”=”家事”

という等式が成り立ちます。

 

つまり、”英語の勉強”と”家事”が

同じレベルに達して、

勉強が当たり前になるんです。

 

 

ここまで来ると、もはや

勉強しないと落ち着かない!

という状態になりますよ。

 

これが理想の状態です。

 

 

あとは、徐々にハードルを上げていって

目標に近づけていくだけですね。

【まとめ】40代主婦でも英語は習得可能

僕がこの記事を通して言いたかったのは、

 

・40代主婦でも英語は習得できる

・学習目標は具体的に

・英語の本質(発音)を大切に

・勉強時間は作るもの

・勉強を習慣にして家事と同列に

 

、、などなどです。

 

 

40代だからって諦めないでください。

主婦だって勉強時間は十分取れます。

 

自分の掲げた目標に向かって、

正しい学習戦略で着実に

積み重ねていきましょう!

 

 

「日常に英語をインストールする」

 

この意識が大切です。

本質を押さえたTOEIC学習法を無料公開

僕は独学で、わずか3か月の間に

TOEICスコアを400点から

870点まで引き上げました。

 

これは、別に僕が才能や環境に

恵まれてたわけではありません。

 

もともと英語はあまり得意じゃなく、

特にリスニングなんて酷いものでした。

 

そんな僕でも、本質を押さえた学習法を

毎日コツコツ実践していった結果、

あっさりとTOEIC目標スコアを達成できました。

 

この経験から、帰国子女じゃなくても

たとえ英語の才能がなくても、

正しい学習法を取り組めば

誰でも英語力を伸ばせると確信しています。

 

僕は、英語ができる日本人が

少しでも増えてくれればと思い、

英語の情報発信をしています。

 

そうすれば、日本はもっと

グローバルな国になると思いますし、

 

海外からも

「日本の英語レベルは高い」

と良い評価をもらえたら

嬉しいな、と思ってます。

 

そういった理念から、僕が

実践した内容をもとに

英語の本質に基づいたTOEIC学習法を

電子書籍の中で書いています。

 

たくさんの人に読んでほしいので、

無料で公開しています。

 

短時間で軽く読める内容なので、

興味あればぜひ読んでみて下さい。

「本質型TOEIC学習」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば、すぐ受け取れます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩メルマガ登録はこちら

ランディングページ記事下

【学べる内容】

・本質を意識した正しいTOEIC学習戦略

・TOEICスコアアップと英会話を両立させる手法

・英語学習のモチベーションを高めるコツ

・洋画やYouTubeで楽しく英語を学ぶ方法

・英語を使って人生をイージーモードにする方法
etc...

矢印

 

下のボタンからSNSでシェアしてくれると嬉しいです!

-学習マインド
-,

© 2022 TOEIC870点の理系大学生の英語学習ブログ Powered by AFFINGER5